セスグモのマーケティングノウハウ集

Facebookビジネスパートナー

Facebook広告/Instagram広告 - セスグモのマーケティングノウハウ集 - Page 3( 3 )

Category
【フランチャイズ本部向け】Facebook広告が選ばれる理由

【フランチャイズ本部向け】Facebook広告が選ばれる理由

今日はなぜFacebook広告が選ばれるのか・・・? その理由について書いていきたいと思います! Facebook広告が選ばれる理由 1.ターゲティングの精度が高い! 場所や趣味、行動以外に、学歴や職場、役職、交際ステータスなど、他のWeb広告ではターゲティングできないセグメントが可能なため、費用対効果の...
Facebook広告で理想的なCV数を確認しよう!

Facebook広告で理想的なCV数を確認しよう!

今日はFacebookに関する運用ノウハウを提供してまいりたいと思います! 今回は運用での理想的なCV数についてお伝えしていきます。 1週間辺り広告セットごとで何件のCVが理想なの? 1週間辺り広告セットごとでの理想CV数はなんと、、、 50件!! 最低でも1週間辺り広告セットごとで20件のCVは欲しい...
Facebook広告の審査は厳しい?審査に落ちてしまった時の2つの対処法

Facebook広告の審査は厳しい?審査に落ちてしまった時の2つの対処法

現在、Facebookのユーザーは世界中に数多く存在します。 拡散力が非常に高く、広告を掲載した際の発信力はかなり高いといえます。 また、Facebook広告は様々な種類があり、目的に合わせて活用することができます。 便利なFacebookの広告ですが、広告を掲載するにあたり審査があります。 ...
3つの要素からなるFacebook広告アカウントの入稿方法

3つの要素からなるFacebook広告アカウントの入稿方法

SNS広告の一種で、ユーザー数の多さや、ビジネス向けの使いやすさなどから、企業での活用が進んでいます! Facebook広告の大きなメリットとして、世界中のFacebookユーザーのデータを活用した詳細なターゲティングができる点も挙げられます。 Facebook広告を作成するにあたって知っておくべきFacebook広...
【Facebook広告】キャンペーン予算の最適化で予算効率を2倍する方法

【Facebook広告】キャンペーン予算の最適化で予算効率を2倍する方法

本日はFacebook広告のキャンペーン予算最適化についてお話ししていきます 広告セットで予算管理を行っている方には特に読んでもらいたい記事になります 予算調整に関しては、いずれ全てのアカウントが広告セット単位での予算調整はできず キャンペーン単位のみでの予算調整になるため、現在広告セット単位で予算を変更している方...
【Facebook広告】広告アカウントの審査が落ちた場合の対処法

【Facebook広告】広告アカウントの審査が落ちた場合の対処法

Facebook広告を運用しているみなさん 入稿した広告や配信していた広告が突如審査落ちになってしまった経験はあるでしょうか? 今回はそんな有事の際の対処法をお話ししていきたいと思います。 まず審査落ちの広告とはどういう場合がそうなのか? 下記のように赤いマークが付き、『未配信』もしくは『非承認』と表示されます。
【Facebook広告】1広告セット内の理想クリエイティブ数

【Facebook広告】1広告セット内の理想クリエイティブ数

今回はFacebook広告の広告セット内の理想クリエイティブ数についてお話ししていきたいと思います。 さてFacebook広告を運用している方にお聞きしたいですが、 1つの広告セットに何個のクリエイティブを配信しているでしょうか? Facebookの推奨数としましては、3~10個となっています。 少なすぎるのはも...
【Facebook広告】潜在リーチ数の推奨数

【Facebook広告】潜在リーチ数の推奨数

今回はFacebook広告の潜在リーチ数についてお話ししていきたいと思います。 Facebook広告を運用している方なら一度は目にしたことはあると思います。 そう。潜在リーチ数。 これは何かといいますと 配信するターゲットの中に想定されるFacebookユーザー数になります。 例えば、配信ターゲットを1都3...
【有効な対策2選】広告の改善はクリエイティブからやるのが正解

【有効な対策2選】広告の改善はクリエイティブからやるのが正解

今回は広告の改善についてお話ししていきたいと思います。 広告は主に下記3点から成り立っています。 ①見出し ②説明文 ③クリエイティブ みなさんは日々広告を眺めていると思いますが 上記のどの部分に惹かれ、広告に目が留まりますか?? そんな訳で広告の成果が悪くなった際に一番改善を行わないといけない...

おすすめの記事

category

Return Top