セスグモのマーケティングノウハウ集

Facebookビジネスパートナー

【Facebook広告×セミナー】セミナー集客はカスタムオーディエンスを活用しよう!

【Facebook広告×セミナー】セミナー集客はカスタムオーディエンスを活用しよう!

ウェブ広告でセミナー集客をしているけれど、なかなか成果が出ないとお悩みではありませんか?

セミナー集客には、ビジネスでの繋がりが強いFacebookを活用した広告が適しています。

「Facebook広告」はセミナー獲得単価25,000円以下の低予算でもしっかり成果を出すことが可能です。

この記事では、低予算でセミナー集客したいウェブ担当者様に向けて

「Facebook広告」のメリットをご紹介しましょう。

Facebook広告とは?

世界最大の規模を誇る「Facebook」は世界の月間アクティブユーザー18億人を誇るSNSです。

国内の月間アクティブユーザーは2,800万人を超えており、仕事関係の繋がりが強い特徴があります。

「Facebook広告」とはFacebook内で表示される広告のことです。

数あるSNSの中でも「Facebook」は実名登録による正確なデータを素にした広告を表示します。

友達のタイムラインだけでなく、友達の友達にも情報を表示させて拡散することが可能です。

「Facebook広告」は多くの企業・組織が広告を出稿しており、ビジネスに活用しています。

 

>>:Facebookのオンライン広告

Facebook広告の種類

Facebook広告は用途に合わせて、広告の種類を選択しましょう。

①リンク広告

ユーザーがコールトゥアクションボタンをクリックすると、自社サイトまたは商品ページに移動します。

②写真広告

画像付きの記事を投稿してブランドの認知度アップ。自社の商品・サービスを高めます。

③カルーセル広告

1つの広告に3~5枚の画像または動画を設定して広告を表示させます。複数の商品や説明が必要な場合に最適です。

④動画広告

動画を用いた広告は視覚的にアプローチできる有効な方法です。

⑤スライドショー広告

複数の画像を組み合わせてスライドショー形式で広告を表示させます。

⑥キャンバス広告

文章・画像・動画・GIFアニメなどを組み合わせた、クリエイティブな広告です。

⑦ダイナミック広告

ユーザーの興味や関心が高いもの、関連性の高いものを自動表示する広告です。

⑧コレクション広告

ユーザーに商品の詳細を画像や動画で見せながら、購入まで誘導する広告です。

⑨リード獲得広告

セミナーやイベント、商品・サービスに関する問い合わせを促進する広告です。

入力フォームは既にユーザーがFacebook上に登録している情報が自動表示されます。

離脱が少なく、獲得に繋がりやすいのがメリットです。

⑩近隣エリア広告

今現在、店舗の近くにいるユーザーにリーチできる広告です。

⑪クーポン利用広告

既存顧客から新規顧客に向けて、お得なクーポンを提示して商品・サービスの購入を促す広告です。

⑫アプリインストール広告

Facebook内でスマートフォンアプリのインストールを促す広告です。

App Store・Google Play・Kindle Fireストアへ誘導して効率的に新規ユーザーを増やします。

セミナー集客にはFacebook広告が最適な理由

セミナー参加者を増やしたい場合、定期的に一定の参加者をキープしたい場合は

「Facebook広告」を活用する方法があります。

「Facebook広告」の最大のメリットは、ターゲティング精度が高く、

細かな条件設定ができるということ。

例えば、セミナー開催の場所・地域、参加者の特徴から性別、年代、趣味・嗜好などの

詳細条件を設定できます。

広告を出稿する前に精度の高いターゲティングができるため、狙ったユーザーに

広告を届けることが可能です。

詳細なターゲット設定によって適切なユーザーに向けてセミナー告知を表示することができ、

Facebook内で申込まで完結します。

セミナー集客で新規獲得したい場合は、「Facebook広告」を検討する価値があるでしょう。

Facebook広告の費用

Facebook広告費用は課金方式となっており、予算設定内で費用が発生します。

▽クリック課金(CPC)

● ユーザーが広告リンクをクリックした単価(CPC)により課金される

● 広告リンクがクリックされなかった場合は課金されません。

▽インプレッション課金(CPM)

● ユーザーの画面に広告が表示された回数(インプレッション数)をカウントする

● インプレッション1,000件当たりの単価(CPM)により課金される

▽最適化インプレッション課金(oCPM)

● 狙ったユーザーに広告が表示されるように最適化する

● インプレッションによって課金される

Facebook広告のメリット・強み

「Facebook広告」はFacebookのプラットフォーム以外、以下の項目にも広告配信できます。

▽Facebook社がサービスを提供しているサービス

● Marketplace(マーケットプレイス)に出稿する

● Messenger(メッセンジャー)に広告配信する

● Audience Network(オーディエンスネットワーク)
● に登録されているアプリ・サイトに出稿する

● Instagramへ広告を出稿

ここからは、セミナー集客にFacebook広告を活用するメリットを見ていきましょう。

ターゲティング精度の高さ

Facebookは実名登録制のため、ユーザーの基本情報やいいね!などの行動によるデータが正確です。

所属している業界や企業・組織、コミュニティなどから興味や関心事を正確にリサーチ可能です。

Facebook広告では、広告を届けたいターゲットを細かく設定して、データを生かして広告配信します。

Facebookのターゲティング精度の高さは他のSNSプラットフォームにはない大きな強みです。

Facebook広告では、ターゲティングを詳細に設定することで、狙ったユーザーに的確にアプローチします。

▽主なターゲティング項目

● 地域、市区町村
● 人口統計データ
● 趣味・関心
● 行動
● カスタムオーディエンス
● 類似オーディエンス

Facebookプロフィール上で、セミナー開催地に近い場所を「居住地」に

登録しているユーザーへアプローチできます。

最新の位置情報が選択した地域にいるユーザーを見つけ出すことも可能です。

ビジネスマネージャから、ビジネスの所在地の近くにあるユーザーをターゲットとして設定するやり方もおすすめ。

ユーザーが登録している情報に基づいて、以下の層にアプローチ可能です。

● 性別
● 学歴
● 勤務先
● 趣味・関心
● 交際ステータス

セミナー内容に合わせて「転職」「派遣」「介護」など趣味・関心を指定して、アプローチ可能です。

Facebook内のアクティビティ(「いいね!」した投稿やフォロー)、

所属グループ、ユーザーの購買行動からターゲティングを設定します。

類似オーディエンスによる広告配信

「Facebook広告」の「類似オーディエンス」は、共通点が多い新しいユーザーに向けて広告配信します。

既存ユーザーの特徴、趣味・関心事にに共通する類似ユーザーに広告を配信する機能です。

セミナー集客にはFacebook広告の「類似オーディエンス」を活用すると、新規顧客を効率良く獲得できます。

セミナー集客したいけど、ターゲット選定が難しい場合や新規獲得したいケースに最適です。

▽類似オーディエンスの作成方法

①まずは、ベースとなる顧客リストを登録します。

ビジネスマネージャから「すべてのツール」、次に「オーディエンス」をクリック。

②「オーディエンスを作成」をクリックして、 「カスタムオーディエンス」を選択。

③「カスタマーファイル」をクリック。「既存のファイルから顧客を追加するか、

データを貼り付けてください」をクリック。

③「このデータのアップロード元を選択してください」をクリック。「カスタマーから直接」を選択。

※取得したデータはCSVまたはTXTでアップロード可能です。

④類似オーディエンスの作成する

ビジネスマネージャの「オーディエンス」から「オーディエンスを作成」をクリック。

「類似オーディエンス」を選択すると、数時間程度で類似オーディエンスの作成が完了します。

 

Facebook広告のカスタムオーディエンスの種類や設定方法、使い方を知りたい方は下記の記事も合わせてご覧ください。

>>関連記事:【最新】Facebook広告のカスタムオーディエンスとは?種類や設定方法、使い方を解説

セスグモの「Facebook広告」によるセミナー集客成功事例をご紹介

当社セスグモでは、「類似オーディエンス」を使用してセミナー集客力を高めることができます。

Facebook広告配信を始めてCVが月30件、CPA1,700円から月50件のCVとなりCPAも1,000円に成功。

過去の顧客データを最大限に活かして、優れた類似オーディエンスリストを作成できました。

まとめ

セミナー集客のために、新規ユーザーにアプローチするFacebook広告の「類似オーディエンス」。

おすすめの記事

category

Return Top