セスグモのマーケティングノウハウ集

Facebookビジネスパートナー

【有効な対策2選】広告の改善はクリエイティブからやるのが正解

【有効な対策2選】広告の改善はクリエイティブからやるのが正解

今回は広告の改善についてお話ししていきたいと思います。

広告は主に下記3点から成り立っています。
①見出し
②説明文
③クリエイティブ

みなさんは日々広告を眺めていると思いますが
上記のどの部分に惹かれ、広告に目が留まりますか??

 

そんな訳で広告の成果が悪くなった際に一番改善を行わないといけないのは・・・
そう!!クリエイティブです!

どんなクリエイティブを作成すればいいんだー
なんて声が聞こえてきそうですが、こればっかりはABテストを行っていき
自分で成功パターンを確立して欲しいのが本音です。

1つアドバイスを送るとしましたら
配信ターゲットユーザーをイメージしてクリエイティブは作成すると良いです。
例えば、ラグビー観戦チケット販売の広告を配信しているとしましょう

上記の配信ターゲットユーザーですが
ラグビーが単純に好きな人もいれば、スポーツ好きも引っかかると思います。

ここで配信クリエイティブを作成する際ですが
大きく2パターンに分けてもらえればと思います。

①人物が写ったクリエイティブ
②商品・サービスが伝わるクリエイティブ

①⇒人を使用したクリエイティブは人の目を引きやすい特徴があります。
テレビCMなどでも芸能人が出ていたりしますがこのためです。
上記のラグビー観戦チケット場合は、日本代表のメンバーを使用したクリエイティブにすれば良いと思います。

②⇒商品・サービスが伝わるクリエイティブ
今回の例で言いますと、ラグビー観戦チケットなのでラグビーのボールだったり
ラグビー場だったり、とにかくラグビーだと伝わるようなクリエイティブを心がけて下さい

今回の記事では、『広告のテコ入れはクリエイティブから!』と言うことと
その理由について。そしてどんなクリエイティブを作成したら良いかについてお話ししてきました!

 

Facebook広告のデザインを作成する際に知っておきたいツールは下記の記事が参考になります。
>>関連記事:Facebook広告はクリエイティブの”量”と種類で決まる!デザインの重要なポイントと便利な作成ツール紹介

おすすめの記事

category

Return Top