セスグモのマーケティングノウハウ集

Facebookビジネスパートナー

Twitter広告のターゲティングの種類には何があるのか?|一覧と成功事例を解説

Twitter広告のターゲティングの種類には何があるのか?|一覧と成功事例を解説

Twitter広告は、SNS広告の中で最も拡散性が高く、オーガニック(通常の)ツイートとして広告色を抑えたプロモーションが期待できます。

Twitter広告をうまく活用してアプリ経由の売上500%アップさせた企業様の事例もあります。

しかし

 

  • Twitter広告のターゲティングには何があるのか?
  • 初めてでも成果が出やすいターゲティング手法は?
  • 成功事例と上手くいくコツを知りたい!

 

上記のように考えている広告主様が多いようです。

そこで、本記事ではTwitter広告の種類やターゲティング一覧、企業の成功事例が分かる記事となっています。

この記事を最後まで読んでいただければ、Twitter広告の種類には何があるのか理解でき、初心者でもTwitter広告を出稿でき、成果が出せる記事になっています。

本記事では、3分で読める内容です。

 

目次
  1. Twitter広告の種類
  2. ターゲティングの追加機能
  3. Twitter広告のターゲティングを活用した成功事例
  4. Twitter広告で成果(コンバージョン)を獲得する4つのコツ|注意点
  5. 初出稿時にオススメのターゲティング|フォロワーターゲティング
  6. 【まとめ】Twitter広告のターゲティングの種類には何があるのか?|一覧と成功事例を解説

 

 

Twitter広告の種類

Twitter広告のターゲティングの種類一覧

Twitter広告の種類 Twitter広告のターゲティングの種類一覧 ターゲティングの設定方法:①カスタムオーディエンス(旧テイラードオーディエンス) リスト ウェブサイトアクティビティ アプリアクティビティ ターゲティングの設定方法:②ターゲティング機能 キーワードターゲティング フォロワーが似ているアカウントにターゲティング 興味・関心ターゲティング 会話ターゲティング イベントターゲティング 映画とTV番組のターゲティング

ターゲティングとは、年齢や性別などの条件をあらかじめ指定し、広告を配信するユーザーを絞り込むことです。

Twitter広告であらかじめターゲティング設定をしておくことで、自社商品に興味があるユーザーだけに広告を配信できるため、すぐに効果を実感できます。

Twitter広告で設定できるターゲティングは以下の通りです。

種類ターゲティング方法
カスタムオーディエンス
(旧テイラードオーディエンス)
広告主やTwitter広告アカウントの独自データリストを使用
オーディエンスの特性 

  • 性別・年齢ターゲティング
  • 地域ターゲティング
  • 言語ターゲティング
  • テクノロジーターゲティング
ターゲティング機能
(旧オーディエンスの条件)
 

  • キーワードターゲティング
  • エンゲージメントターゲティング
  • イベントターゲティング
  • 類似フォロワーターゲティング
  • 興味関心ターゲティング
  • 会話ターゲティング
  • 映画・テレビ番組ターゲティング

以下の章では、それぞれのターゲティングの内容を解説します。

 

ターゲティングの設定方法:①カスタムオーディエンス(旧テイラードオーディエンス)

カスタムオーディエンス(旧テイラードオーディエンス)

カスタムオーディエンスとは、広告主の商品・サービスに対して一定の興味関心があるユーザーに対して再アプローチ(リターゲティング)できる機能です。

広告主やTwitterアカウントのデータリストから、特に自社商品に興味・関心のあるユーザーに対して、精度が高くアプローチできます。

カスタムオーディエンスでは、以下のような設定が可能です。

項目できること選択肢
カスタムオーディエンスリストの指定
配信対象にするだけでなく除外も可能
自社の顧客リストやリターゲティングなど
アプリ利用ユーザーも可能
選択したカスタムオーディエンスのフォロワーが似ているオーディエンスを含めるカスタムオーディエンスのフォロワーに似ているユーザーに配信を広げるON か OFF

カスタムオーディエンスは以下の3種類があります。

リスト

自社顧客のメールアドレスをリスト化し、Twitterにアップロードすることで顧客をターゲティングできます。

上記のことをオーディエンスと呼びます。

 

ウェブサイトアクティビティ

広告主のサイト訪問者に対して再度、アプローチする(リターゲティング)手法です。

Twitter計測タグである「ウェブサイトタグ」を用いて、直近でサイトを訪問したユーザーをリスト化できます。

 

アプリアクティビティ

自社アプリをインストール、または利用者に対して広告の表示可能です。

このリスト化は、コンバージョントラッキング(成約計測)する必要があります。

また、上記のようなカスタムオーディエンス(自社商品に興味のある)のフォロワーに似ているユーザーに配信を拡張できます。

 

ターゲティングの設定方法:②ターゲティング機能

ターゲティング機能(旧オーディエンスの条件)

ターゲティング機能で設定できるのは以下の10項目です。

項目できること選択肢
キーワード設定したキーワードに関連のあるアカウントに配信特定のキーワードを選択可能
日本語に対応
フォロワーが似ているアカウント設定したアカウントのフォロワーに似ているアカウントに配信特定のアカウントを選ぶことが可能
興味・関心設定したものに興味関心があるアカウントに配信25種類の興味・関心カテゴリーと、 350種類のサブトピック
映画と TV 番組設定した映画やテレビ番組に反応しているユーザーに、番組放送中や放送前後に配信テレビ番組が中心
イベント設定したイベントに興味を持ち、参加しているアカウントに配信世界中の何百とあるイベント
会話トピック設定した会話トピックについて話しているアカウントに配信スポーツやライフスタイル、ビデオゲームなど、25カテゴリーの10,000種類以上の会話トピック
ツイートの表示歴またはエンゲージメント歴があるユーザーをリターゲティング自社商品を利用するアカウントについてツイートをタップしたことがあるユーザー、もしくはクリックやいいねなどの反応したことがあるユーザーに対して広告を配信ON か OFF
オーディエンスを広げる設定した条件に類似したアカウントにも配信を広げるON か OFF
自社アカウントのフォロワーもターゲティング自社商品を利用するアカウントのフォロワーにも配信を広げるON か OFF

「ORターゲティング」とは、リターゲティングやキーワードターゲティングなど複数設定した場合に、どちらか一方でも該当する人に配信されます。

Twitterの公式ヘルプでは、「付加的ターゲティング」と説明されています。

要するに、オーディエンスの設定を追加すると、対象となるユーザーが増えていきます。

以下の章では、自社の商品・サービスに関心があるユーザーは、どういう顧客なのか選定してターゲティングできるように全7種類をご紹介します。

 

キーワードターゲティング

キーワードターゲティングとは、あらかじめ設定したキーワードに関連あるユーザーに配信できます。

これは文章で交流が主体であるTwitter独自のターゲティング方法です。

ユーザーが検索や最近のツイート、もしくは反応(詳細のクリック、いいね、返信、キーワード検索)のアクションを行なったツイートを意味します。

キーワードターゲティングの例を公式サイトから引用します。

たとえば、「ブラックコーヒー」というキーワードは、「私はコーヒーはブラックが好きです」や「コーヒーをブラック以外で飲む方法はありますか?」などのツイートに一致します。

>>引用:キーワードターゲティング|Twitterヘルプ

1つの広告グループにつき最大750個のキーワードを設定できます。Twitter公式では25個から50個のキーワードを追加するのが推奨されています。

また、配信直後にはキーワードごとに表示回数や料金、コンバージョン数などのパフォーマンスを確認しましょう。

 

フォロワーが似ているアカウントにターゲティング

自社以外に似ているTwitterアカウントを指定して、そのフォロワーに似ているユーザーに配信もできます。

「ハンドルターゲティング」とも言い、toCビジネスはもちろん、toBビジネスでも成果が出やすいターゲティングです。

ユーザーがフォローするのは、フォローしているアカウントが発信している情報を欲している意思表示です。

そのため、フォローしているアカウントが発信する情報関連に興味を持っていると言えます。

例えば、自社アカウントをフォローするAさんをターゲットに指定します。そこで「フォロワーが似ているアカウントにターゲティング」にAさんと入力すれば、AさんをフォローしているBさんやCさんが一覧で表示され、まとめてターゲットユーザーを獲得できます。

初心者で何をすれば良いか分からない方に、最もオススメするターゲティング手法になります。

 

フォロワーターゲティングについてもっと詳しく知りたい方は『【成功事例】Twitter広告フォロワーターゲティングの設定方法5ステップ』の記事に詳しく書いてあります。

 

興味・関心ターゲティング

ユーザーの興味関心にを利用したターゲティング手法です。

25種類の興味・関心カテゴリー350種類のサブトピックから選定して配信できます。

前述した、フォロワーターゲティングに比べると、精度の低いターゲティングになるので、優先度は低くなります。

 

会話ターゲティング

会話ターゲティングとは、あるトピックについてツイートしているオーディエンスをターゲティングします。

選べる会話トピックは、スポーツ、ライフスタイル、ビデオゲーム、本など、25カテゴリーの10,000種類以上から設定可能です。

会話ターゲティングは、手作業で調整されたルールベースのキーワードアルゴリズムによるものです。

これらのルールは、キーワードとのフレーズ一致や単語一致、拒否リスト一致、ブール演算式、発言者確認(たとえば、ニック・フォールズはフットボール選手ですが、彼のツイートすべてがフットボールに関係しているわけではありません)、ツイート検証の時間、言語マッチなどを調べることで、精度と規模が調整されています。

>>引用元:会話ターゲティングのページ|Twitterヘルプ

対象となるのは、以下の3項目です。

・過去28日間で指定したトピックについてツイートしたことがあるユーザー

  • トピックに関するツイートにエンゲージメントを示すユーザー
  • トピックに関するツイートを長時間表示したユーザー

 

イベントターゲティング

Twitterのイベントトピックに興味を持ち、関心があるユーザーに広告を表示できます。

「広告キャンペーン」を選択するとイベント開始の2週間前からイベントターゲティングできます。

イベントは終了してから3週間後に期限切れとなるため、その後は広告キャンペーンでイベントをターゲティングできなくなります。

イベントは「エンターテインメント」や「スポーツ」などジャンル別に選択するか、世界的は各地域のイベントを検索して指定できます。

 

映画とTV番組のターゲティング

特定のテレビ番組や映画に反応しているユーザーへ、番組放送中や放送前後に広告を表示できます。

設定方法は以下の2パターンあります。

パターン詳細
継続ターゲティングキャンペーン期間中いずれかの時点で、設定したテレビ番組に反応したユーザーに広告配信
放送中および放送前後の時間帯のみ放送中および放送前後のみ、設定したテレビ番組に反応※したユーザーに広告配信する

※反応の定義については以下ヘルプ参照※

Twitterで多くの異なるシグナルを読み取って、映画やテレビ番組を見た可能性が高い利用者が特定されます。たとえば、利用者が番組がテレビ放送されたタイミングでツイートした内容などが含まれます。Twitterでは、予測アルゴリズムを頻繁に調整しながら、プロモツイートに反応する可能性が高い、テレビ番組を見たと思われる利用者を探しています。

>>出典:映画とテレビ番組のターゲティングでオーディエンスの概要は利用できますか?|Twitterヘルプ

また、Twitter独自のターゲティングとなるため「直近で自社商品がテレビで紹介された」「映画のスポンサーになった」などの場合に高い効果があります。

 

ターゲティングの追加機能

上記のターゲティング手法の効果を高める方法として、以下3つの機能をご紹介します。

ターゲティングの追加機能 自社アカウントのフォロワーをターゲティング オーディエンスを広げる ツイートの表示歴またはエンゲージメント歴があるユーザーをリターゲティング 広告の表示箇所を決める「プレースメント」 ホームタイムライン プロフィール 検索結果 Twitterオーディエンスプラットフォームに拡張

自社アカウントのフォロワーをターゲティング

自社アカウントのフォロワーに対して広告表示できます。

通常のツイートでもアプローチできるユーザー層のため、フォロワーが多い場合には無効にしても構いません。

 

オーディエンスを広げる

設定したオーディエンスに似たユーザーへ配信を広げることができます。

拡張のレベルとしては、DEFINED と EXPANDED、BROAD の3段階あります。

拡張のレベルとしては以下のようにDEFINEDが最も高くなります。

拡張度が高い DEFINED > EXPANDED > BROAD 拡張度が低い

導入するタイミングのオススメは、CPAが低く、安定的にコンバージョン(成約)してきたぐらいが目安です。

順調にいけばCPA(顧客獲得単価)を維持したままコンバージョンを増やせます。

 

ツイートの表示歴またはエンゲージメント歴があるユーザーをリターゲティング

クリックやいいねなどのエンゲージメントをしたことがあるユーザーもしくは自社のツイートを表示したことがあるユーザーに対して広告を配信できます。

エンゲージメントの種類には以下のアクションが該当します。

  • 画像の拡大
  • 動画の再生
  • 投票のクリック
  • いいね
  • リツイート
  • ツイート詳細の表示
  • インプレッション
  • リンクのクリック( URL またはハッシュタグ)
  • ツイートの共有
  • プロフィールのクリック
  • エンゲージメントしたツイートがプロモーションかオーガニックかは問いません。

ただし、過去どこまで遡ってデータを見るか制限が設けられており、過去いつまでのエンゲージメントが対象になるか決まっています。

エンゲージメントが有効な期間は以下の通りです。

  • オーガニックでは45日間
  • プロモーションでは90日間

エンゲージメントは特定のツイートを指定することが可能ですが、直近でバズったツイートがあれば、そのツイートでターゲティングを検討してみましょう。

ルックバック期間エンゲージメントインプレッションのみ
オーガニック45日間15日間
プロモーション95日間30日間

上記のターゲティングの最大の特徴としては、Webサイトに訪問していないユーザーは通常リターゲティングできません。

しかし、このターゲティングは、サイト訪問していないユーザーでもツイートを表示したことがあったり、エンゲージメントしたことがあれば広告を表示できます。

 

広告の表示箇所を決める「プレースメント」

Twitter広告を表示箇所は3つあります。

以下では、それぞれの項目について解説します。

広告の表示箇所を決める「プレースメント」

プレースメントは、以下のような設定が可能です。

項目できること選択肢
ホームタイムラインターゲティングしたオーディエンスのタイムラインに配信する必ずON
プロフィールあるアカウントのプロフィールにアクセスしたときにも配信するON か OFF
検索結果検索結果にも配信するON か OFF
Twitter オーディエンスプラットフォームに拡張Twitter が提携しているアプリにも配信するON か OFF
アプリのターゲティング広告を表示したくないアプリの指定特定のアプリを選ぶことが可能

ホームタイムライン

ターゲティングしたオーディエンスのタイムラインに配信するか選択できる設定です。

デフォルトで必ずホームタイムラインにも配信されるようになっています。

Text ads

>>画像出典:Twitter広告ヘルプセンター:クリエイティブの仕様

 

プロフィール

アカウントのプロフィールにアクセスした際に配信するか任意で選択できます。

ONかOFFか2択で選択可能です。

プロフィール

>>画像出典:Twitter広告ヘルプセンター:クリエイティブの仕様

 

検索結果

Twitterで検索した際に、広告を配信するか選べます。

任意でON か OFF か選択可能です。

Image ad

>>画像出典:Twitter広告ヘルプセンター:クリエイティブの仕様

 

Twitterオーディエンスプラットフォームに拡張

Twitter提携のアプリにも広告を配信するか選択できます。

Twitterだけに配信したい場合は、OFFにしましょう。

事前に広告を表示したくないアプリがあれば指定可能です。

 

 

Twitter広告のターゲティングを活用した成功事例

Twitter広告のターゲティングを活用した成功事例 成功事例①:アプリのダウンロード率300%アップ、アプリ経由の売上500%アップの成果 成功事例②:フォロワー数10万人獲得、13万人がキャンペーンに参加

最後に、この章ではTwitter広告のターゲティングを活用した成功事例をご紹介します。

成功事例①:アプリのダウンロード率300%アップ、アプリ経由の売上500%アップの成果

株式会社トラベルオンラインでは、航空券予約アプリのリリースプロモーションでTwitterの「アプリインストール広告」を活用しました。

その結果、アプリのダウンロード率300%アップアプリ経由の売上500%アップという成果を上げました。

「アプリオインストール広告」とは、Twitter社が提供するアプリインストールに特化したクリエイティブフォーマットのことです。

利用者は、広告から直接アプリをインストールできるため、効果を実感しやすい配信形式になります。

自社の目的に適した配信形式で、効果的な訴求に成功した事例です。

>>出典:航空券予約アプリの1日あたりの売り上げがTwitter広告で300%~500%アップ!

 

成功事例②:フォロワー数10万人獲得、13万人がキャンペーンに参加

株式会社アサヒビールは、2016年のリオ五輪の時に「#みんなでカンパイ」のハッシュタグで目標数に達成でき次第、豪華賞品が当たるユーザー参加型のキャンペーンを実施しました。

その結果、キャンペーンでは10万人近いフォロワー数を獲得し、キャンペーン参加ツイートには13.5万人という成果を上げています。

成功した要因は、広告色を抑えたオリンピックを応援するユーザープロモーションで高いエンゲージメントを獲得した成功事例です。

>>出典:アサヒビールがオリンピックキャンペーンを成功させた方法

 

Twitter広告で成果(コンバージョン)を獲得する4つのコツ|注意点

Twitter広告で成果(コンバージョン)を獲得する4つのコツ|注意点 ターゲティングは2、3個までに絞る

この章では、Twitter広告で成果を出すコツを4つに厳選してご紹介します。

 

ターゲティングは2、3個までに絞る

最も重要なのが、ターゲティングは最初2、3個ぐらいに絞っておきましょう。

条件を増やして配信してしまうことで、データが分散してしまいます。

その結果、そのデータの結果から良し悪しを判断できず、次のアクションに繋げることができません。

まずは、最初のターゲティング1個を成功させてから次のターゲティングを テストしていくことをオススメします。

 

初出稿時にオススメのターゲティング|フォロワーターゲティング

初出稿時にオススメのターゲティング|フォロワーターゲティング 1つのターゲティングにつき目標CPAの3倍ぐらいの費用は用意する 広告を配信した直後は、分析し改善のサイクルを回す

多くのターゲティング手法の中でも、最もコンバージョンを獲得しやすいのはフォロワーターゲティングです。

そのため、Twitter広告を始めて出稿する方は、フォロワーターゲティングから配信してみましょう。

キーワードターゲティングに比べて、狙った通りのユーザーに配信され、コンバージョンを獲得しやすいです。

 

1つのターゲティングにつき目標CPAの3倍ぐらいの費用は用意する

ターゲティング1つにつき目標CPAの3倍くらいで予算を見積りしておきましょう。

コンバージョンが1件も発生しないようであれば、そのターゲティングを停止、または設定を見直ししましょう。

 

広告を配信した直後は、分析し改善のサイクルを回す

Twitter広告を配信直後は、データを見て分析し、改善サイクルを回していきましょう。

Twitter広告では、配信した直後に各キーワードやアカウントの詳細なパフォーマンスを確認できます。

配信開始から費用が発生していることを忘れずに、できることから改善しましょう。

 

【まとめ】Twitter広告のターゲティングの種類には何があるのか?|一覧と成功事例を解説

Twitter広告のターゲティングの種類には何があるのか?|一覧と成功事例を解説

この章では、本記事の要約を記載して振り返ります。

文字は全てリンクになっているので、不明な点はリンクで押して確認にご利用ください。

目次
  1. Twitter広告の種類
  2. ターゲティングの追加機能
  3. Twitter広告のターゲティングを活用した成功事例
  4. Twitter広告で成果(コンバージョン)を獲得する4つのコツ|注意点
  5. 初出稿時にオススメのターゲティング|フォロワーターゲティング
  6. 【まとめ】Twitter広告のターゲティングの種類には何があるのか?|一覧と成功事例を解説

いかがでしたでしょうか?

本記事を読み、Twitter広告のターゲティング種類には何があるのかが理解できたと思われます。

特に、Twitterは似た考えを持つユーザー同士をフォローし合うSNSです。

そのため、Twitter広告のフォロワーターゲティングを初めとするターゲティング手法は、初めての方に試してほしいターゲティングになります。

フォロワーターゲティングなどの確度の高いターゲティングで広告費を抑えつつ商品・サービスのコンバージョンが期待できるTwitter広告を少額から試してみてはいかがでしょうか?

本記事があなたのお役に立てれば幸いです。

>>Twitter広告について相談してみる

おすすめの記事

category

Return Top