セスグモのマーケティングノウハウ集

Facebookビジネスパートナー

【効果ない?】YouTube広告の概要と種類、費用、ターゲティング、成功のポイントを解説

【効果ない?】YouTube広告の概要と種類、費用、ターゲティング、成功のポイントを解説

YouTube広告の概要

YouTubeを視聴していると、YouTube広告が流れますよね。

続きが気になって最後まで観てしまった方も多いのではないでしょうか?

YouTube広告はGoogleと同様のターゲティング機能があり、目的に合わせた効果性の高い配信が可能です。

今では、YouTube広告だけでNetflixの総売上げに匹敵するほど右肩上がりで伸びている広告媒体です。

今回はそんな勢いがあるYouTube広告の概要と種類、活用事例と成功のポイントについて本記事では分かりやすくご紹介します。

結論、YouTube広告には効果あります!

その理由は、本記事を最後まで読んで頂ければ理解できます。

この記事で分かる内容

 

  • YouTube広告が伸びている理由と活用すべき理由3選
  • YouTube広告の概要(種類、費用、ターゲティング一覧)
  • 活用事例と成功のポイント2つ

本記事は、YouTube広告を配信を検討している方にとって重要な内容となっているので、ぜひ最後まで読んでください。

この記事は3分で読める内容となっています。

目次
  1. YouTube広告の概要
  2. YouTube広告の種類と内容
  3. YouTube広告の費用の仕組み
  4. YouTube広告のターゲティング方法
  5. 【YouTube広告は効果ない?】活用事例と成功の3ポイント
  6. 【初心者でもOK】YouTube広告、成功のための2ポイント
  7. 【まとめ】効果あり|YouTube広告の概要と種類、費用、ターゲティング、成功のポイントを解説

 

YouTube広告の概要

YouTube広告の将来性1:動画視聴のユーザーが増加傾向にある

YouTube広告の将来性

YouTube広告の動画市場は右肩上がりで伸びています。

その根拠に、2019年12月にサイバーエージェントが発表した、動画広告の市場調査データがあります。

2018年の過去のデータから比較して2023年の予想データに欠けて今後も右肩上がりで伸びてくる市場であると判断できます。

>>画像引用元:2019年国内動画広告の市場調査を実施|株式会社サイバーエージェント

また、2019年にはテレビ広告費をインターネットが抜き2兆円を突破しました。

これにより、企業のマーケティング活動がデジタル領域にシフトチェンジしていることが分かります。

>>ネットが初のテレビ超え:広告費に見る時代の転換点

確かにスマートフォンを見ている時間が長ければ長いほど、そこにビジネスチャンスがあるのは当然ですよね。

上記2点の理由から、動画広告の中でも最もユーザー数が多いYouTube広告は、右肩上がりで伸び続けていくと予想されます。

最近では、巣ごもり消費でインターネットで買い物をする中高年層が増えたことで、今後よりYouTube広告を含むインターネット広告で購買活動が増加すると考えられます。

 

YouTube広告の将来性2:費用対効果が高い

費用対効果が高い

YouTube広告は、動画広告がスキップされれば料金が発生しません。

そのため、広告の商品やサービスに興味があるユーザーに広告を届けることができます。

また、Googleと同様のターゲティング機能が備わっているため、効果的に精度が高い配信が可能です。

 

YouTube広告の将来性3:ターゲットに合わせた配信ができる

YouTube広告は、プロモーションの商品やサービスに関心が高いユーザーに確度の高い配信が可能です。

その理由は、Googleの主要サービスが10億人以上に利用されているため、人のニーズを満たした効果的な動画広告を配信することができます。

例えば、肌荒れでニキビを気にしている女性には、ビタミンのサプリメントなどニーズにマッチした配信が実現可能です。

そのほかにも、目標に合わせたターゲティングが5種類あり、詳しくは次の章で説明します。

 

YouTube広告の種類と内容

YouTube広告は、動画広告画像広告の2つに分けられます。

詳しいYouTube広告の種類と選び方、広告の出し方を知りたい方は「【一目で分かる】YouTube広告の種類9つと広告の出し方まで解説」の記事をご覧下さい。

 

【効果が出る!】目的別YouTube広告形式の選び方

すべての動画広告フォーマットの画像カタカナと専門用語が多くて混乱させてしまったと思いますが、この章では目的に応じたフォーマット(表示形式)の選び方をご紹介します。

【認知向上】自社の商品やブランドを知ってもらうのに最適な広告

バンパー広告

バンパー広告の画像

>>画像引用:Google広告ヘルプ|バンパー広告

スキップできない6秒間動画広告が再生される広告です。それによって視聴者の印象に残り、ブランドの認知度を高めることが期待されます。

インストリーム広告(再生画面に流れる広告)の中でも最も単価が低く、モバイルを中心に配信できるため、最も人数が多いユーザーへ配信することができます。

また、再生時間が6秒と短いので、インパクトのある動画で視聴者の印象に残すこと求められます。

PCモバイルで配信可能です。

 

スキップ不可のインストリーム広告

スキップ不可のインストリーム広告の画像

>>画像引用:Google広告ヘルプ|スキップ不可のインストリーム広告

最長15秒間ユーザーを独占できる広告です。

一般的なテレビ広告と同じ長さで、最後まで視聴者に見てもらえるので訴求力が強く、ブランドの認知度を高めることができます。

PCモバイルで配信できる広告です。

 

スキップ可能な動画広告

>>画像引用元:DOCisplay&Video 360

True Viewとは、YouTubeでスキップ可能なインストリーム広告の種類のことです。

広告が流れてから5秒経過後にユーザーは広告をスキップできます。

スキップ可能な動画広告は4種類

  • TrueViewリーチ
  • TrueViewインストリーム
  • TrueViewディスカバリー
  • TrueViewアクション

YouTube広告の中でも低単価で多くのユーザーへ配信され、視認率と聴認率がトップクラスです。

また、クリックされなければ料金はかからないため、費用対効果が高く、ブランドの認知向上が期待できます。

PC、モバイル、テレビで配信可能です。

 

【比較検討】数ある商品の中から自社商品に興味を持っているユーザーに最適な広告

True Viewディスカバリー広告

Trueviewディスカバリー広告

>>画像引用:Google広告ヘルプ|True Viewディスカバリー広告

True Viewディスカバリー広告は、YouTubeの検索結果や関連動画に表示される広告です。

True Viewディスカバリー広告は、黄色いマークの「広告」と表示されています。

リスティング広告のYouTube版のようなイメージです。

一般的な動画広告とは異なり、動画のサムネイル(動画の表紙)をクリックすることで、広告が再生されるので、クリックされやすく目立ちやすいサムネイルを作成する必要があります。

基本的にクリックしないと動画が再生されないので、視聴者は商品やサービスに関心が強い方が多く、コンバージョン(チャンネル登録者の獲得、Webサイトへ遷移するなど)に適した広告です。

 

TrueViewインストリーム広告

アウトストリーム

>>画像引用:Google広告ヘルプ|TrueViewインストリーム広告

TrueViewインストリーム広告とは、YouTube以外でGoogle広告と連携したサイトやサプリに配信されるモバイル広告です。

基本的にミュート状態の動画として表示されるため、音声が無くてもユーザーに興味を持ってもらう映像などの工夫が必要です。

 

【購買促進】見込み顧客のリスト獲得と商品購入に最適な広告

True Viewアクション広告

 

>>画像編集:TrueView アクション キャンペーンを編集する

True Viewアクション広告は、スキップできるTrue Viewインストリーム広告と表示形式は同じで動画再生の前後や途中に再生されます。

True Viewアクション広告が他のTrue Viewアクション広告と異なる点は、ユーザーの行動を促す「Call To Action」ボタンが動画タイトルの下に位置しています。

それによって視聴者は広告に興味を持った際に「詳しくはこちら」などのボタンをクリックして、見込み客の獲得に適した広告になります。

 

マウスヘッド広告

マストヘッド

>>画像引用:Google広告ヘルプ|マウスヘッド広告

マウスヘッド広告は、YouTubeのホーム画面の上部で表示される広告です。

ユーザーに認知されやすい広告であるため、新商品やサービスのプロモーション、ブランディングの向上に最適です。

マウスヘッド広告は、Google広告の中でも一等地のような位置で表示できるため、通常のGoogle広告から設定できず、Googleの営業担当者を介して予約制でのみ利用できます。

課金方式は、日別単価制、もしくは広告のインプレッション(見られた回数)に応じて課金されます。

 

YouTubeの静止画広告2種類

オーバーレイ広告

動画だけじゃない?7種類のYouTube広告【種類と特徴】 | Webマーケティングメディア「Grab」

オーバーレイ広告とは、パソコンのみ表示されるYouTube動画の再生画面の下部20%に表示される広告です。

画像もしくはテキスト形式で表示され、ユーザーがクリックするとWebサイトやアプリに遷移します。

YouTubeをパソコンで視聴することが多い40代以降のユーザーをターゲットにしたい場合に効果的な広告です。

 

ディスプレイ広告

検索広告の基本とディスプレイ広告との違い | NobyNoby(ノビノビ)

>>画像出典:ノビノビ検索広告の基本とディスプレイ広告との違い 

ディスプレイ広告は、動画の右側とオススメ動画一覧の上部に表示されるバナー広告です。

関連動画を探しているユーザーへ広告を認知させることができ、商品やサービスのプロモーションに最適です。

YouTube問わず、Google、Yahoo!でも配信できます。

 

YouTube広告の目標|5種類

YouTube広告の種類と内容

YouTube広告においてキャンペーンの目標は全部で5種類が設定されています。

広告配信の目標を設定することで、最適化されたオススメのキャンペーンが表示され選択可能です。

広告の種類は「キャンペーンタイプ」と呼ばれます。

キャンペーンの目標

目的特徴
販売促進自社商品やサービスとの関連性が高いユーザーへターゲティング
見込み顧客の獲得潜在的な顧客に対してのターゲティング
ウェブサイトのトラフィックWebサイトへの流入を期待したターゲティング
商品やブランドの比較検討数ある商品の中から自社商品ブランドに興味を持っているユーザーへターゲティング
ブランド認知度とリーチ自社の知名度を上げることを目標

>>動画キャンペーンの目標について – Google 広告 ヘルプ

YouTubeが目的に合わせて広告形式を最適化してくれるため、まずは広告を配信する目的を明確にしましょう。

下記の章では、それぞれYouTube広告の種類と特徴を解説します。

 

広告の種類を選ぶ:キャンペーンとキャンペーンのサブタイプ

目標を決めた後は、広告の種類(キャンペーンとキャンペーンのサブタイプ)を選択します。

YouTube広告形式:キャンペーン

キャンペーンは広告フォーマット(形式)のことを指します。

キャンペーンは全部で7種類あります。

設定することで広告の掲載先や利用できる設定が異なります。

キャンペーンタイプ特徴
検索ネットワーク キャンペーンユーザーが検索した結果に連動して、検索画面に表示される広告
ディスプレイ ネットワーク キャンペーンWebページの広告枠に表示される広告
ショッピング キャンペーンユーザーの検索結果に合わせて商品や価格などを掲載する広告で、検索画面に表示される広告
動画キャンペーンYouTubeなどの動画に掲載される広告
アプリ キャンペーンモバイルアプリの導入を促すための広告。モバイル端末でGoogleの関連サイトに表示される広告

>>Google広告のキャンペーン

広告の掲載先を選択後は、キャンペーンのサブタイプを決めます。

 

YouTube広告形式:キャンペーンのサブタイプ

キャンペーンでフォーマット(形式)を選択した後に、キャンペーンのサブタイプを選択できます。

キャンペーンのサブタイプとは、キャンペーンタイプで選択した項目をより詳細に、広告の掲載先を指定できる機能です。

 

>>適切なキャンペーン タイプを選択する – Google 広告

カタカナと専門用語が多くて混乱しますよね。

詳しくは下記の表で動画広告の形式をまとめました。

目標キャンペーンのサブタイプ動画広告の詳細
・ブランド認知度とリーチ
・販売促進
・見込み顧客の獲得
・ウェブサイトのトラフィック
・商品やブランドの比較検討
・目標設定無し
スキップ可能なインストリーム動画の再生前/再生中/再生後に流れる最大30秒の広告。

5秒経過後にスキップすることが可能。

・ブランド認知度とリーチ
・目標設定無し
バンパー動画の再生前/再生中/再生後に最大6秒間のスキップができないインストリーム広告を配信する。
インプレッションを効率的に獲得し、リーチを広げる。
スキップ不可のインストリーム動画の再生前/再生中/再生後に最大15秒のスキップができないインストリーム広告を配信する。
アウトストリームGoogle ディスプレイネットワークのパートナーサイトやアプリに表示されるモバイル専用広告。
YouTube内には表示されない。
・ブランド認知度とリーチ
・商品やブランドの比較検討
・目標設定無し
広告シーケンススキップ可能なインストリーム広告/スキップ不可のインストリーム広告/バンパー広告か、
この3つの組み合わせでユーザーに特定の順序での配信。
・商品やブランドの比較検討ショッピングスキップ可能なインストリーム広告のフォーマットのみでの配信。
動画の再生前/再生中/再生後に流れる広告で5秒経過後にスキップすることが可能。
ウェブサイトでの商品購入を促す。
検討段階で働きかけるスキップ可能なインストリーム広告/TrueView ディスカバリー広告での配信。
・目標設定無しカスタム動画キャンペーンスキップ可能なインストリーム広告、バンパー広告、TrueView ディスカバリー広告を使用する。
詳細設定はカスタマイズによる。
・販売促進
・見込み顧客の獲得
・ウェブサイトのトラフィック
コンバージョンの促進スキップ可能なインストリーム広告のフォーマットのみでの配信。
動画の再生前/再生中/再生後に流れる広告で、5秒経過後にスキップすることが可能。
最大で4つのサイトリンクを含めることができる。

横スクロールで詳細を表示できます。

ここまでの要点をまとめます。

目的に合わせた目標を設定した後に、広告の種類(動画もしくは画像)を選択し、掲載場所とオプションを選択するイメージです。

下記の章では、YouTube広告の課金方式について説明していきます。

 

YouTube広告の費用の仕組み

YouTube広告の費用の仕組み

基本的にYouTube広告の費用は、「視聴」に対して(動画の再生時間や再生回数に応じて)行われる仕組みです。

料金の相場は、広告の種類や内容によって異なりますが、1再生あたり3〜20円と言われています。

料金の目安は以下の通りです。

料金の目安と成果地点

種類料金目安成果地点
インストリーム広告3円~20円30秒試聴もしくは動画クリック
バンパー広告10~500円表示回数が1,000回に達した時点
ディスプレイ広告2~6円動画再生ごと
マストヘッド広告~数百万円日別単価もしくは1,000回再生ごと
アウトストリーム広告10~500円表示回数が1,000回に達した時点

広告を配信する目的によってYouTube広告の種類を選定することが重要です。

YouTube公式の発表によると、大多数の企業が1日の予算を1,000円に設定しており、大きな予算をかけていないことが分かります。

YouTubeの利用者は国内で万人が利用しており、購買意欲が高い層へリーチできるため、効果性が高い媒体だと言えます。

そのため、低予算でも良いので、早くからYouTube広告に参入して競合と差をつけておくことが大切です。

 

YouTube広告のターゲティング方法

YouTube広告のターゲティング方法

YouTube広告のターゲティングは、大きく分けて以下の2種類でターゲティングできます。

  1. オーディエンスターゲティング
  2. コンテンツターゲティング


以下の章では、それぞれ項目の特徴と効果性について説明します。

 

⑴オーディエンスターゲティング

1つ目は、ユーザーへ最適化できるオーディエンスターゲティングです。

>>画像出典:動画キャンペーンで利用できるターゲティング方法 ー YouTubeヘルプ

ユーザーの属性グループ

広告を表示したいユーザー層の年齢や性別、子供の有無、世帯収入などの条件でターゲティングできます。

 

詳しいユーザー属性

大学生、住所所有者、子供が生まれたユーザーなど絞り込んでリーチできます。

 

興味・関心

表示されたカテゴリーからトピックを選択して、そのトピックに関心があるユーザーをターゲットに設定できます。

そのユーザーが別のトピックに関連するページにアクセスしている時でも広告を表示できます。

  • アフィニティカテゴリ
  • カスタムアフィニティカテゴリ
  • ライフイベント
  • 購買以降の強いオーデェエンス
  • カスタムインテントオーディエンス

 

動画リマーケティング

動画、True View広告、YouTubeチャンネルの操作履歴に基づいてユーザーにリーチできます。

 

Webサイトおよびアプリマーケティング

広告主様のWebサイトまたはモバイルアプリに接続したことがあり、すでに商品やサービスに関心を示しているユーザーに広告を表示できます。

 

カスタマーマッチ

オンラインやオフラインの自社データを使用して、YouTubeとGoogle動画パートナーを利用しているユーザーにリーチしたり、再アプローチできます。

 

類似データ

リマーケティングリストまたは、カスタマーマッチリストと類似した特徴を持つ新規ユーザーをターゲティングできます。

>>参考:動画キャンペーンで利用できるターゲティング方法 ー YouTubeヘルプ

 

⑵コンテンツターゲティング

>>画像出典:動画キャンペーンで利用できるターゲティング方法 ー YouTubeヘルプ

2つ目は、広告の配信箇所を指定できるコンテンツターゲティングです。

大きく分けて以下の4つで広告の表示箇所を指定できます。

 

プレースメント

チャンネル、動画、アプリ、Webサイト、サイト内のプレースメントをターゲットに指定できます。

例えば、以下の指定が可能です。

  • YouTubeチャンネル
  • YouTube動画
  • Googleディスプレイネットワーク上のWebサイト
  • Googleディスプレイネットワーク上のアプリ

 

トピック

広告を表示するページのトピック(コンテンツ内容)を指定してコンテンツの関連性が高い配信面に広告を表示できます。

 

キーワード

指定したユーザーに関連する動画やYouTubeチャンネル、ユーザーに関心を持ちそうなWebサイトに動画広告を表示できます。

 

デバイス

パソコンやモバイルを使用するユーザーにターゲティングできます。

>>参考:動画キャンペーンで利用できるターゲティング方法 ー YouTubeヘルプ

上記のように目的に適したターゲティングを活用し、カスタマイズすることでYouTube広告で費用対効果の高い成果を出すことができます。

 

【YouTube広告は効果ない?】活用事例と成功の3ポイント

【YouTube広告は効果ない?】活用事例と成功の3ポイント

YouTube広告は費用対効果が高いです。

なぜなら、広告動画がスキップされれば料金が発生しないため、効果的にリード(見込み客)を獲得できます。

1日1円と少額から設定できるため、一般的なマス広告(テレビや新聞の広告)に出向するよりも費用を抑えることが可能です。

活用事例(toC)

Google Home(商品紹介)

  • インストリーム広告
  • 動画時間:15秒
  • 再生回数:約220万回

「Google Home」の機能を訴求したYouTube広告です。

15秒間で日常的にGoogle Homeを使うシーンを想起させるCMとなっています。

 

活用事例(toB)

プラスチックベアリング製造(ブランド・認知度向上)

  • インストリーム広告
  • 動画時間:1分59秒

鹿島化学金属株式会社の社名の認知度向上を目的としたYouTube広告です。

プラスチックベアリングの認知度UPのためにYouTube広告を活用した事例です。

商品の制作過程を公開しながら、社内の風通しの良さが好印象を生み出し、新規顧客を獲得した実績があります。

 

【初心者でもOK】YouTube広告、成功のための2ポイント

【初心者でもOK】YouTube広告、成功のための3ポイント

YouTube広告を成功させるために、以下の2点を意識しましょう。

・「最初の5秒間」でユーザーの興味関心を惹きつける
・「潜在的なニーズ」を喚起することを意識する

「最初の5秒間」でユーザーの興味関心を惹きつける

YouTube広告は、「最初の5秒間」でユーザーの興味関心を高めることが重要になります。

なぜなら、最初の5秒間はスキップできないため、ユーザーが高確率で視聴しています。

そこで、いかに「スキップせずに続きを視聴したい」と思わせられる動画プロモーションにできるかが重要になります。

 

「潜在的なニーズ」を喚起することを意識する

「潜在的なニーズ」とは、ユーザーが普段考えていない悩みや欲求のことを言います。

つまり、潜在的に解決したい悩みを喚起することで、ユーザーの「そう!それ!」などの共感を集めて試聴されます。

その結果、コンバージョンに繋がる広告になるでしょう。

上記の2点を踏まえた広告を制作することで費用対効果の高い成果に直結します。

 

【まとめ】効果あり|YouTube広告の概要と種類、費用、ターゲティング、成功のポイントを解説

この章では、本記事の要約を記載して振り返ります。

文字は全てリンクになっているので、不明な点はリンクで押して確認にご利用ください。

目次
  1. YouTube広告の概要
  2. YouTube広告の種類と内容
  3. YouTube広告の費用の仕組み
  4. YouTube広告のターゲティング方法
  5. 【YouTube広告は効果ない?】活用事例と成功の3ポイント
  6. 【初心者でもOK】YouTube広告、成功のための2ポイント
  7. 【まとめ】効果あり|YouTube広告の概要と種類、費用、ターゲティング、成功のポイントを解説

いかがでしたでしょうか?

本記事では、YouTube広告の概要から種類、費用の相場からターゲティング、活用事例と2つ成功のポイントについてご紹介しました。

スマートフォンの利用者が増えたことにより、マス広告よりインターネット広告上のマーケティング活動が重要視されています。

その結果、今後より一層YouTube広告を含むインターネット広告で購買活動が増加するでしょう。

早くから参入して、競合と差をつけることをオススメします。

本記事があなたのお役に立てれば幸いです。

【併せて読みたい】詳しいYouTube広告の種類と選び方、広告の出し方を知りたい方は「【一目で分かる】YouTube広告の種類9つと広告の出し方まで解説」の記事をご覧下さい。

おすすめの記事

category

Return Top