セスグモのマーケティングノウハウ集

Facebookビジネスパートナー

Tik Tok広告の効果的な活用法を徹底解説!メリットとデメリットもご紹介!

Tik Tok広告の効果的な活用法を徹底解説!メリットとデメリットもご紹介!

Tik Tok広告の効果的な活用法を徹底解説!メリットとデメリットもご紹介!

若年層を中心に多くのユーザーを抱えるTik Tok。

InstagramやTwitterなどの他のSNSと比べ、動画コンテンツが豊富に充実しているのが大きな特徴です。

そんなTik Tokは、新しい広告媒体として近年大きな注目を集めています。この記事では、Tik Tok広告の特徴や種類、料金などについてご紹介します。

この記事で解決できる内容
・Tik Tok広告について詳しく知りたい
・どのSNS広告を使いたいか迷っている

上記のような悩みを抱えている方はもちろん、少しでもTik Tok広告について興味を持っている人はぜひチェックしてみてくださいね。

Tik Tokってどんなアプリ!?その使い方や特徴

Tik Tokってどんなアプリ!?その使い方や特徴

Tik Tokとは、中国(中華人民共和国)から生まれたSNSで、15秒〜1分ほどの短い動画をアップしたり閲覧したりできます。

誰でも簡単に動画をアップできるため、多くのユーザーに愛されています。

Tik Tokの利用ユーザーは10代後半〜20代前半が多く、TwitterやInstagramと比べると若い傾向にあります。

Tik Tok広告は効果抜群!Instagramとの違い

Tik Tok広告は効果抜群!Instagramとの違い

Tik Tok広告には、画面全面を使った動画型の広告などアクション性が豊かという特徴があります。

いろいろな種類の広告があり、金額や特徴もバラバラです。

Tik Tok広告の3つのメリット

①広告の種類が豊富にある

InstagramやTwitterなど、他のSNS広告と比較して、Tik Tokにはより多くの広告の種類があるのが大きな特徴です。

Tik Tokにはバリエーション豊かな動画編集機能が備わっているため、それらの機能を目一杯使って豊富な種類の広告が掲載可能です。

複数の種類の動画を活かした広告を展開しているため、ユーザーに飽きさせない工夫がされており、結果的に購買意欲アップに繋がるという利点があります。

②若者に響きやすい演出が施されている

Tik Tokユーザーの特徴として、他のSNSと比べて20代前半が圧倒的に多いという事実があります。

つまり、20代前半をターゲットにしている商材などを掲載すれば、若年層にダイレクトに響くため広告効果が高まります。

若年層向けの商材などを宣伝したい企業などには特におすすめです。

Tik Tok広告の3つデメリット

Tik Tok広告の3つデメリット ①申込後のキャンセルができない

①申込後のキャンセルができない

Tik Tokの広告はメールで申し込み可能ですが、申し込んだ後のキャンセルはできません。

これは他の広告の申し込みなどもある関係上、先着順にて広告出稿が割り当てられる仕組みになっているのが主な理由です。

なので、Tik Tok広告を気軽に申し込まないようにしましょう。

②掲載料金が他のSNSに比べて高い

InstagramやTwitterなど、他のSNSと比べて相対的に広告費用が高いという傾向があります。

Tik Tokの広告の費用は種類によっても様々あります。

高いものだと50万円前後などです。

実際に初めてTik Tokで広告を出稿しようか検討している方であれば、まずは手軽に10万円〜くらいのものを検討してみるのをおすすめしますよ。

TikTok広告の費用感については『【2022年最新】TikTok広告の料金と費用の相場、課金方式は?』の記事で詳しく説明しています。

https://marketing.cessgumo.co.jp/how-much-does-a-tiktok-ad-cost-and-how-do-i-charge-it/

③不具合が生じた際の対応ができない

いざ広告を出稿したあと、なんか想像していたデザインと若干違った、客観的にもっとこうしたいなどがあるかもしれません。

しかしTik Tok広告の場合は1度出稿してしまうと一切の修正が不可となります。

また、リンクやボタンなどに不具合が見つかった場合にももちろん同様に訂正できません。

なので、広告を出稿する前に必ずしっかりと本当にこれで出稿OKなのか確認するようにしましょう。

Tik Tok広告は3種類!

Tik Tok広告の種類は大きく分けて

①「起動画面広告」

②「チャレンジ広告」

③「インフィード広告」

の3種類があります。

それぞれ広告の特徴が違うので、1つずつご紹介します。

Tik Tok広告を出稿しようか考えている人はぜひ、自分にあったものを選びましょう。

①起動画面広告

起動画面広告とは、Tik Tokのアプリを開いたときにまず最初の画面に表示される広告のことを指します。

大きな特徴としては、アプリを開いたときに必ず最初に画面いっぱいに表示されるため、どんな人でも目にするという点です。

起動画面広告は1日1社限定ということもあり、費用はその他2種類の広告と比べても高くなります。

気になる費用ですが、広告のインプレッション数に応じて課金される形式で、1000インプレッションにつき770円が相場となっています。

②チャレンジ広告

チャレンジ広告とは、企業とユーザーが一体となったこれまでに類を見ない新しいカタチの広告です。

具体的には、広告を出したい企業側があらかじめ指定したハッシュタグに沿って、ユーザーがそのハッシュタグに当てはまる動画などを作成するというもの。

特徴としては、あまり広告感を出さずに商品を宣伝できることや、参加したユーザーが自然と拡散してくれるなどといった点が挙げられます。

料金の相場は広告の内容によっても異なりますが、1000万円前後が相場と言われています。

見てのとおり、かなり高額に思われますが、参加するユーザーが次々と拡散・宣伝してくれるため効果は抜群です。

多少お金に余裕のある企業などであれば、ぜひチャレンジしてみてもいいでしょう。

③インフィード広告

インフィード広告は、アプリ内のおすすめ欄に表示される広告のことです。InstagramやTwitterなどにも似たような機能があり、SNSを使う人にとってはもっとも馴染みのある広告といえるでしょう。

インフィード広告の費用も他の広告同様に内容によって前後しますが、平均相場は40万円〜50万円程度と言われています。

他の2種類の広告と比べると、圧倒的に安価で広告を出せて費用対効果も高いため、まずは1度試しに広告を出してみたいという方におすすめです。

Tik Tok広告の掲載方法

Tik Tok広告の掲載方法は大きく分けて2パターンあります。

①Tik Tokの運営会社に問い合わせる

Tik Tok広告の掲載を検討している場合には、1度運営会社に問い合わせてみると良いでしょう。

どの種類の広告をどんな内容で掲載したいのかなど、事前にある程度イメージが出来ていると話が早く進みます。

問い合わせ先は「お問い合わせフォーム」にて広告を出したい旨を伝えればOKです。

具体的にどんな広告を掲載したいのか決まっていない方でも、相談に乗ってもらえます。

②広告代理店に依頼する

広告代理店に直接Tik Tok広告の掲載を依頼する方法もあります。

代理店に依頼するメリットとしては、Tik Tok広告以外にも広告業界全般の知識が豊富な点です。

SNSマーケティング全般にも精通しているため、掲載したい内容や提案している予算にあった最適な媒体や種類を提案してくれるため、安心感があります。

他のSNS媒体ではなくどうしてもTik Tok広告にこだわっているという方でも、いきなり直接Tik Tokの運営会社に問い合わせる前に代理店に相談してみるのをおすすめしますよ。

Tik Tok広告を掲載するときの注意点3つ

Tik Tok広告を掲載するときの注意点3つ

Tik Tok広告を掲載するときの注意点は大きく分けて次の3つです。

①出稿の期限を守る

当たり前ですが、出稿期限をしっかりと守りましょう。

上記にも述べさせていただきましたが、Tik Tok広告の場合、出稿期限を過ぎてしまうと事前に支払った掲載料金が返金されないので注意が必要です。

万が一期限を過ぎて掲載できなかった、とならないようにスケジュールは余裕を持って設定しておくようにしましょう。

②広告のテイストを考える

Tik Tok広告を掲載する前にしっかりと広告のテイストを考えましょう。

Tik Tokのメインユーザーは20代前半です。

なので、20代前半の若年層にもっとも刺さるようなデザインや内容にすることを心がけましょう。

そのためにも若年層が今流行っている最新のトレンドなどを事前にリサーチしておくことをおすすめしますよ。

③アクションボタンにテキストなどが被らないように配置する

テキストやデザインなどがアクションボタンに被らないように注意して配置しましょう。

いざ広告を出したときに、画面表示した際にアクションボタンなどに被ってしまうと、せっかくのデザインが台無しです。

Tik Tok広告を出稿する際は、必ず事前に表示画面を確認するようにしましょう。

まとめ

Tik Tok広告の種類や特徴、費用の相場などをご紹介しました。

Tik Tok広告は他のSNS広告と比べて料金が比較的高い傾向がありますが、その分より拡散力があるため、TikTok広告はますます需要が高くなっていきます。

Tik Tokに広告出稿したい方はぜひ、この記事を参考にしてみてくださいね。

おすすめの記事

category

Return Top