セスグモのマーケティングノウハウ集

Facebookビジネスパートナー

【徹底解説】TikTok広告とは?たった5分でTikTok広告のすべてが分かる!

【徹底解説】TikTok広告とは?たった5分でTikTok広告のすべてが分かる!
現在この記事を読まれている方は、  「TikTokとは?」  「TikTok広告の種類は?」  「TikTok広告にはどんなメリットがあるの?」 上記のようにお考えではないでしょうか。 本記事では、TikTok広告の種類や費用、TikTok広告にはどのようなメリットがあるかが分かる記事になっております。 この記事を最後まで読んでいただければ、TikTok広告で成果を出すためのコツまでTikTok広告の概要を理解することができます 本記事は、5分で読める内容です。

TikTokの概要

TikTokの概要 TikTokは、中国のByteDance社が運営しているSNSであり、今や全世界で利用されているSNSになります 15秒から最大3分のショート動画を作成し投稿することができ、TikTokの主な利用者層は10〜20代の若者になります。 TikTokはエンタメ系やノウハウ系など様々なジャンルの動画内容が多く投稿されており、若者にとって日常の中で欠かせない非常に人気の高いSNSになっております。

TikTok広告の種類と費用

TikTok広告の種類と費用 TikTok広告と言っても、広告の種類が複数ございます。 本章では、以下の4つのTikTok広告の種類と費用について解説いたします。  ・起動画面広告  ・インフィード広告  ・チャレンジ広告  ・運用型広告

起動画面広告

参考元:https://www.tiktok.com/ja-JP 起動画面広告とは、TikTokを起動した際に表示される広告です 起動画面広告は、拡散力が高く効果は絶大です。 起動時に毎回表示されるため、1日に何回もTikTokを使うユーザーにとっては、深く印象付けることが可能です。

費用

課金方法・・・インプレッション課金型 1回の広告表示に対してではなく、1000回表示につき770円程度の課金が発生し、 相場としましては、500万円ほどが想定されます。

インフィード広告

インフィード広告 参考元:https://tiktok-for-business.co.jp/archives/4368/ インフィード広告とは、TikTokのおすすめ欄に表示される広告になります TikTokにおける、おすすめ欄はユーザーが最も閲覧するページです。 インフィード広告は、通常の投稿に似た形式で表示されるので広告と気づかれないことも多く、「いいね」「コメント」「シェア」も可能になっております。

費用

課金方法・・・期間契約型 契約は1日単位となっておりますので、ユーザーの反応を見ながら調節可能になっております。 インフィード広告には、「Top View」「Brand Premium」「One Day Max」の3つのプランがございます。 費用の目安としましては、 ・Brand Premium:42万円〜 ・One Day Max:300万円〜 ・Top View:625万円〜 上記のようになっております。

チャレンジ広告

参考元:https://tiktok-for-business.co.jp/archives/8557/ チャレンジ広告とは、ハッシュタグを作成しユーザーに投稿を促す広告です ハッシュタグが付けられた動画をユーザーのおすすめ欄に表示します。 ユーザー参加型の広告であるため、企業とユーザーに一体感が生まれ、自然な拡散が期待されます。

費用

課金方法・・・期間契約型 契約期間は2ヶ月間になっております。 費用の目安としましては、  ・スタンダードチャレンジ:1500万円  ・ハッシュタグチャレンジプラス:1700万円  ・バトルハッシュタグチャレンジ:2000万円  ・ベーシックハッシュタグチャレンジ:1000万円 上記のようになっております。

運用型広告

運用型広告 参考元:https://www.tiktok.com/ja-JP 運用型広告とは、TiikTokの運用元であるByte Dance社が運営しているその他のアプリにも広告配信が可能になります 詳細なターゲティングが可能であり、国内のみならず海外へのリーチも可能です。

費用

課金方法・・・クリック型、インプレッション型、再生課金から選択できます 費用目安としましては、 ・クリック課金:30〜100円 ・インプレッション課金:100〜1000円 ・再生課金:5〜60円 上記のようになっております。 他のTikTok広告と比べても費用が安いため、少額予算からでも出稿が可能な広告になっております。 TikTok広告の料金のまとめは『【2022年最新】TikTok広告の料金と費用の相場、課金方式は?』で詳しく解説しています。
【2022年最新】TikTok広告の料金と費用の相場、課金方式は?

TikTok広告のメリット

TikTok広告のメリット TikTok広告を活用するメリットについて気になる方もいらっしゃるかと思います。 本章では、TikTok広告のメリットについて以下の3つを解説いたします。  ・精度の高いターゲティング  ・嫌悪感が少ない  ・豊富な楽曲で商品イメージを定着できる

精度の高いターゲティング

TikTok広告は精度の高いターゲティングが可能です 適切なターゲティングを行わないと、広告効果が左右されるほど重要なポイントになります。 TikTokは高度なAIを有して的確なターゲティングを行うことが可能であるため、高い費用対効果が見込まれます。

嫌悪感が少ない

ユーザーからの広告に対する嫌悪感が比較的少ないのもメリットの1つに挙げられます TikTok広告は、一般の投稿と同じ場所に掲載されるため、「広告と気づかなかった」との声が挙げられるほど、自然に視聴してもらうことができます。 コンテンツに対して「いいね」や「コメント」や拡散することも可能になっております。

豊富な楽曲で商品イメージを定着できる

TikTokでは、数万曲以上を使用できるため、楽曲を活用し商品イメージを定着させることができます 耳からの情報の割合が多いのもTikTokの特徴であり、自社の商品やサービスのイメージに曲を選ぶことで、独自の世界観を表示することが可能になっております。 文章のみでの情報と違い、記憶に定着しやすいので、楽曲を活用してプロモーションを行っていきましょう。

TikTok広告で成果を出す3つのコツ

TikTok広告で成果を出す3つのコツ 本章では、以下のTikTok広告で成果を出すための3つのコツを解説いたします。  ・動画の尺を短くする  ・縦画面の動画を作成する  ・開始1秒でインパクトを与える

動画の尺を短くする

15秒以内で商品やサービスの魅力を訴求できるような構成にしましょう 動画時間を長くするほどユーザーに伝えられる情報は多くなりますが、長い動画は見てもらいにくく、スキップされてしまう可能性が高いです。 TikTokのサービスが開始された当初は、最大時間が15秒だったことが多くのユーザーに定着した理由だと考えられております。 公式でも9秒〜15秒を推奨していることから15秒以内に収めることがポイントになります。

縦画面の動画を作成する

TikTok最大の特徴である縦画面の動画を作成することも効果的です TikTokは当初から、スマホユーザーに向けて開発されたプラットフォームになります。 全画面が縦型使用になっており、フルスクリーンでダイナミックな動画を楽しむことがユーザーに好まれている要因になっております。 TikTok広告を作成する際は、横画面ではなく縦画面の動画を作成しましょう。

開始1秒でインパクトを与える

動画の開始1秒でインパクトを与えることを意識しましょう TikTokユーザーは、動画をスキップするかしないかを一瞬で判断します。 そのため、動画の開始1秒でユーザーの興味の引くクリエイティブを作成することが非常に重要になります。 TikTokの開始1秒は、YouTubeで例えるとサムネイルやタイトルと同じくらい重要になりますので、開始1秒でユーザーの心を掴むことを意識して作成しましょう。

まとめ

【徹底解説】TikTok広告とは?たった5分でTikTok広告のすべてが分かる!
いかがでしたでしょうか? 本記事では、  ・TikTokの概要  ・TikTok広告の種類と費用  ・TikTok広告のメリット  ・TikTok広告で成果を出す3つのコツ について解説いたしました。 TikTokは年々利用者が増加しており、TikTok広告の効果も高まりつつあります。 若年層をターゲットにする企業様にとっては特におすすめの媒体です TikTok広告は今後、新しい入札戦略や入札フォーマットが増えていたりなど、広告配信機能がますます充実していくと思われます。 本記事で紹介いたしました内容を参考に、TikTok広告を始めようか悩んでいる企業様はぜひ検討してみて下さい。 本記事の内容があなたのお役に立てれば幸いです。

おすすめの記事

category

Return Top