セスグモのマーケティングノウハウ集

Facebookビジネスパートナー

Facebook求人機能で募集方法|失敗しない5つのコツを解説!

Facebook求人機能で募集方法|失敗しない5つのコツを解説!

Facebook求人機能で募集方法|失敗しない5つのコツを解説!

「Facebook求人は無料なのかな」
「Facebookに求人を出すか迷っている」
「Facebook広告で求人を出してみたいけど、やり方が分からない」

上記のようなお悩みを持った方に参考になると思います。

この記事を最後まで読んで頂くと分かること

  • Facebook広告で求人機能とは?
  • Facebook広告の求人機能の使い方と出稿方法
  • 求人応募を増やす5つのテクニック

この記事は3分で読める内容です。

【無料?】Facebookの求人機能とFacebook広告の違いとは?

【無料?】Facebook広告の求人機能とは?

Facebook求人機能の利用は無料です。

Facebook広告を利用した場合、有料となります。

個人でも法人でも以下のような求人投稿は無料で作成することができます。

Facebook広告を利用した求人広告とは?
>>画像引用: CO-NECTAR

Facebook内で応募者とやり取りすることができるので、有料の求人掲載サービスを使わずとも無料で人材を集めることが可能です。

それに対し

Facebook求人機能で作成した投稿をFacebook広告で宣伝する場合は、広告費が発生するので有料となります。

Facebook広告の場合、予め設定した予算の範囲内で広告費が発生しますが、求人採用媒体に比べて確実にユーザーにリーチできるので予算を効果的に使うことができます。

 

Facebook求人広告の特徴

Facebook求人広告と相性が良い年代は30〜40代です。
転職や中途採用などの即戦力の人材を採用したい場合に、Facebook求人広告は効果的です。

 

【無料】Facebook求人を4ステップで投稿する方法

必要な設定

まず、ビジネス向けFacebookページを作成しましょう。

>>関連:Facebookページを無料で作成する

【無料】Facebook求人を4ステップで投稿する方法

①Facebookの「求人」を選択

【無料】Facebook求人を4ステップで投稿する方法

②〔求人を作成〕をクリック

【無料】Facebook求人を4ステップで投稿する方法

③求人の詳細情報を入力

  • 職種・役職
  • 勤務地
  • 給与
  • 雇用形態
  • 仕事紹介文(5,000文字まで)

【無料】Facebook求人を4ステップで投稿する方法

【無料】Facebook求人を4ステップで投稿する方法

画面の右側に記入した求人のプレビュー画像が表示されます。

求人の入力が完了したら、〔次へ〕を押しましょう。

④配信するターゲットを選ぶ

 

【手順】Facebook求人広告を宣伝する方法

求人投稿を表示させたいユーザーを選択します。

Facebook内の「友達」だけに配信すれば無料で投稿可能です。

〔求人を宣伝〕にチェック☑︎を入れるとFacebook求人広告として掲載できます。(※広告・宣伝になるため有料になります※)

最後に〔投稿〕をクリックすれば、求人の投稿完了です。

 

Facebook求人機能で応募を増やす5つのコツ

  1. 働く姿がイメージしやすい求人情報を掲載する
  2. 応募には、スピーディーに返答する
  3. 応募フォームに質問を設ける
  4. 求人は広告感を無くす
  5. 応募から採用までのスケジュールを記載する

 

1.働く姿がイメージしやすい求人情報を掲載する

応募者が、求人を見て働くイメージを持てるような求人にしましょう。

情報量が少なかったり働くイメージがしにくければ、せっかく興味を持ってくれた方も応募をためらってしまいます。

仕事内容や、勤務した際の1日の流れなど詳細に記述することで、ミスマッチしない求人になります。

2.応募には、スピーディーに返答する

Facebook求人の認知度は高くないため、応募者は「この求人は、本当に募集しているのかな?」と疑ってしまいます。

応募者の働きたいという意欲が高い内に返答すれば、採用率もグッと高まるでしょう。

3.応募フォームに質問事項を設け、応募者情報を把握する

Facebook求人の機能として、質問事項を設けて応募者に回答してもらうことが可能です。

事前に応募者の質問などを入力することで、お互いミスマッチ無く面談まで至ることが可能になります。

一方、質問が多すぎると応募しにくくなるので、多くても3問以内にし て負担を減らしましょう。

4.Facebook求人は広告色を抑える

広告色が強すぎるとユーザーは「宣伝か」とスルーするため反応率は極端に下がります。

理想は、他のフィード投稿に溶け込み投稿と言われても違和感が無いような求人です。

オススメとして、オフィスツアーや仕事に密着した動画などは会社の雰囲気が伝わりミスマッチを減らしつつ、求人への反応率を高めることができます。

5.応募から採用までのスケジュールを記載する

応募後のフローや返信までの期間などが分かれば応募者とのやり取りもスムーズになります。Web面談を行う際にも余裕を持ってスケジュールを調整できるでしょう。

以下のような応募後のフローを載せて安心感を与えましょう。

(例)エントリー後、10営業日以内を目途に書類選考結果をメールにてご連絡いたします。

当社事情によりご連絡が遅くなる場合もございますので、あらかじめご了承ください。

 

応募者目線で求人を作成するのが採用を成功させるコツです。

Facebook求人広告の宣伝で、求人効果を高めよう

この章では、Facebook求人広告の特徴費用などについて解説します。

Facebook求人広告の特徴とは?

Facebook広告を利用した求人広告とは?
>>画像引用: CO-NECTAR

Facebook求人機能で無料で作成し、Facebookに広告として宣伝することが可能です。

他の求人採用媒体と比較し、以下3つの特徴が挙げられます。

  • 特徴1|詳細なターゲティングが可能
  • 特徴2|広告なので認知されやすい
  • 特徴3|費用をコントロールしやすい

特徴1|詳細なターゲティングが可能

Facebookのユーザー登録は、原則「実名登録」であり、居住地や経歴などが事細かに記載されているユーザーが多いです。

そのため、他のSNSと比べてターゲティングの精度が高く、狙った層にアプローチが可能です。

特徴2|広告なので認知されやすい

他の求人採用媒体(indeedやWantedly)などは、アルゴリズムなどの関係上、他の求人に埋もれて認知されにくい場合があります。

それに対し、Facebook求人広告は、広告費こそかかりますが、優秀な方の採用に繋がるだけで、広告費以上のリターンを見込めますね。

確実に、応募者に求人を見てもらいたい場合にオススメです。

 

特徴3|費用をコントロールしやすい

Facebook広告は、予算を設定すれば、その範囲内で運用するなど柔軟なコントロールが可能です。

他の求人採用媒体では、求人が応募者に届いていないにも関わらず、月額などで固定費がかかってしまいます。

せっかく、求人を出すなら、採用に繋げたいですよね。

Facebook広告は、費用をコントロールしつつ、応募者に求人情報を届けることが可能です。

 

【手順】Facebook求人広告を宣伝する方法

【手順】Facebook求人広告を宣伝する方法

以下では、実際の投稿画面を用いてFacebook求人広告を宣伝する方法を解説します。

スマートフォンからでも設定可能です。

1. 求人投稿(無料)で作成し、〔宣伝〕をクリック

【手順】Facebook求人広告を宣伝する方法

Facebook広告の差別禁止ポリシーに〔同意します〕

【手順】Facebook求人広告を宣伝する方法

2. Facebook求人広告の詳細を設定する

【手順】Facebook求人広告を宣伝する方法

  • オーディエンス詳細
  • 出稿する期間

画面の右側に広告プレビューが見れます。〔1日の推定リーチ〕と〔支払いの概要〕などが確認できます。

3. 設定が完了したら〔宣伝する〕をクリック

【手順】Facebook求人広告を宣伝する方法

上記の手順でFacebook求人広告を出稿できます。

【よくある質問】FAQ

Facebookページの求人投稿への応募を管理するにはどうすれば良いですか?

以下、Facebookヘルプセンターから引用します。

Facebookページの求人投稿への応募を管理するには、ページの上部にある〔求人を管理〕をクリックします。

もう一度見直そう!無料で求人掲載・管理ができるFacebook求人機能
>>画像引用:もう一度見直そう!無料で求人掲載・管理ができるFacebook求人機能 | インフォコネクト株式会社 info-con.co.jp

左側の〔フィルター〕で、お気に入り、新しいアプリケーション、アプリケーションのステータス、求人投稿で応募を絞り込むことができます。表示する応募をクリックします。以下の設定が可能です。

  • 職歴、学歴欄が入力されている場合は表示できます。
  • [お気に入りに追加]をクリックします。こうすることで、お気に入りの応募を絞り込めるようになります。お気に入りの応募を絞り込むには、ページ上部の[求人を管理]をクリックしてから、[フィルター]セクションの[お気に入りに追加済み]の横にあるチェックボックスをオンにします。
  • Messenger、メール、電話のいずれかの連絡方法を選択します。
  • 面接の日程を設定するには
    • 応募者に連絡して面接時間を確定したら、[面接予定を設定]をクリックします。
    • 面接の日時を選択して、[面接日時を選択]をクリックします。
    • 面接の日時を記載したメッセージが応募者に送信されます。面接者と応募者のどちらも、いつでも予定をキャンセルできます。
  • [ステータスを設定]をクリックして、応募者のステータスを[連絡済み]、[面接予定]、[面接済み]、[不採用]、[採用済み]のいずれかに設定します。これは1つの職種に多数の応募があり、ステータスで絞り込む必要がある場合に便利です。

[ステータスを設定]をクリックして、応募者のステータスを[連絡済み]、[面接予定]、[面接済み]、[不採用]、[採用済み]のいずれかに設定します。これは1つの職種に多数の応募があり、ステータスで絞り込む必要がある場合に便利です。

 

まとめ

Facebook求人機能で募集方法|失敗しない5つのコツを解説!

今回の記事の要約をします。

Facebook求人広告の作成は無料です。

Facebook求人広告が相性が良い年代は、30〜40代の転職、中途採用などの人材を採用したい方に向いています。

【無料】Facebook求人を4ステップで投稿する方法
>>確認する

Facebook求人機能で応募を増やす5つのコツ

  • 働く姿がイメージしやすい求人情報を掲載する
  • 応募には、スピーディーに返答する
  • 応募フォームに質問を設ける
  • 求人は広告感を無くす

Facebook求人広告の宣伝で、求人効果を高めよう
Facebook求人広告の特徴とは?

特徴1|詳細なターゲティングが可能
特徴2|広告なので認知されやすい
特徴3|費用をコントロールしやすい

【手順】Facebook求人広告を宣伝する方法
>>確認する

Facebook求人広告は、他のSNS広告よりも30〜40代の働き盛りの人に届きやすく、正確なターゲティングができます。

即戦力となるような人材の採用に繋げたい方は、簡単にできるFacebook求人広告にぜひ、挑戦してみてください。

おすすめの記事

category

Return Top