セスグモのマーケティングノウハウ集

Facebookビジネスパートナー

【超重要】TikTokのフォロワーの増やし方!フォロワーを増やすためにやるべき事を3分で解説!

【超重要】TikTokのフォロワーの増やし方!フォロワーを増やすためにやるべき事を3分で解説!
筆者の紹介
筆者はTikTokアカウントを”カヒカゼ【KAHIKAZE】”でシュリという名前で運用しており
フォロワー数を0〜14万人まで増やした実績があります

現在、この記事を見て下さっている方は
・TikTokを始めたけど、なかなかフォロワーが増えない
・TikTokはどうやったらフォロワーを増やすことが出来るのか
・TikTokでフォロワーを増やすためのコツはあるのか
こんな悩みを抱えているかもしれません。

今回は、上記のように考えている方にTikTokでのフォロワーの増やし方について3分で解説します
TikTokでフォロワーを増やすためには、いくつかのポイントがあります。
特にTikTokを始めたばかりで、フォロワーの増やし方が分からない方は是非、参考にしてみて下さい

では早速、TikTokでフォロワーを増やす方法について解説していきます。

TikTokでのフォロワーの重要性

TikTokではフォロワーは非常に重要になります。
主に2つの重要なポイントを紹介します。

フォロワーが重要な理由
・影響力が高められる
・固定再生回数が上がり、コンテンツの伸びに安定感が生まれる

影響力が高められる

TikTokを投稿し、多くの人にフォローしてもらえるメリットは、影響力を高めていく事ができる事です
影響力の高い人が商品を紹介すると即完売するケースが多数あります。

そういった人達は「インフルエンサー」と言われ企業のマーケティング活動に活用される事例も多く、TikTokでは、その他のSNSと比べて10〜20代の影響力が大きい特徴があります。
フォロワーを増やすという点でも、TikTokはその他のSNSに比べて比較的、容易であると言えます。

また、影響力が高いと、自分が商品やサービスを作ったとしても、広告費をかける必要がなく、自分で紹介すれば良いので効率良くアピールができるようになります

フォロワーをファン化する

しかし、フォロワー数が多いだけだと不十分なのです。
どういう事かと言うと、
フォロワーをファン化する必要があります。どれだけコアなファンがいるかというのが重要なポイントになります。

例えば
・コメントの返信をマメに行う

・TikTokライブを行う
・Instagramに流入し、より近しい距離になるよう意識する


上記のように、
コアなファンとなるフォロワーを作っていくために、フォロワーとの一体感を意識し、しっかりとコミュニケーションをとることを心がけましょう

 

 

 

 

上記の画像は実際に筆者が運用していたアカウントのコメント欄になります。

筆者がTikTokを行っていた際は、全ての動画でコメントの返信を行っていました

このようにコメントの返信を行うことで、視聴者の方に動画での一体感が感覚的に伝わりやすくなるので、できるだけコメントの返信は積極的に行いましょう

参照元:https://vt.tiktok.com/ZSeS7nBP2/

上記の方は「炊き立てご飯🍚」というアカウント名で活躍されているTikTokerの方になります

「炊き立てご飯🍚」さんは、TikTokライブを積極的に行い、ファンの方との一体感を上手く表現され、今では海外の方ともTikTokライブでコラボを行っており、TikTokライブの活用法はトップレベルの方です

TikTokライブではコメントにも返答し、さらには視聴者からのリクエストにも答え、海外の方にも伝わりやすいキャラも上手く開拓し、ファンの方との一体感を1番上手く実現されています。

海外の方とコラボする際は、視聴者が「炊き立てご飯🍚」さんの身内のような感覚になり、「頑張れ!」「さすが!」と一緒に海外の方を楽しませるような同じチームとしての一体感を本当に上手く表現されている方になります。

まだ「炊き立てご飯🍚」さんを見た事がない方は、是非参考にしてみてください。

固定再生回数が上がり、コンテンツの伸びに安定感が生まれる

TikTokではどんなコンテンツを作ったとしても、フォロワーを増やす事が出来れば、おすすめ欄に自分の動画が表示されやすくなるため、再生回数は伸びていくのです

その他にもおすすめ欄とは別に、フォローしている人だけを見ることができる機能が別途用意されているため、フォローされれば自分のコンテンツを見てもらえる可能性が高まります。

おすすめ欄に表示される以外でも、TikTokではフォローしてもらえる事で、フォローしたユーザーは投稿者が上げた新しい動画もチェックするようになり、毎回動画を視聴してもらう事ができるので、固定再生回数が上がりコンテンツの伸びに安定感が生まれるというわけです。

筆者もTikTokで動画を投稿していくなかで、フォロワーが少なかった頃よりもフォロワーが伸びてきた頃の方が、動画を投稿した段階での再生回数が底上げされ、TikTokでの伸びが実際に上がっておりました。

ユーザーはなぜTikTokで「フォロー」をするのか

なぜ、TikTokユーザーは「フォロー」をするという行動に出るのか、ユーザーがフォローをする時の心理状態について解説します。

ローをするという行動に至るユーザーの深層心理を考える事は非常に重要なポイントとなります。

筆者もTikTokを始めた当初は、一体TikTokユーザーはどういった事を思いフォローをしているのか、TikTokユーザーがフォローしたくなるようにするにはどのようなことを意識すればよいのかを日々考えておりました

TikTokユーザーがどういった事を思いフォローをしているのか。TikTokユーザーがフォローしたくなるようにするにはどうすればよいのかを解説致します。

TikTokユーザーがフォローをする主な要因としては次の3つが挙げられます。

TikTokでフォローする際の基準

・コンテンツがおもしろいと感じたとき
・コンテンツが定期的に投稿されいるアカウント
・次の動画も見たいと感じたとき

コンテンツがおもしろいと感じたとき

TikTokでユーザーがフォローをする1つ目の要因としては、シンプルにコンテンツがおもしろいと感じた時になります。

シンプルなものになりますが、「おもしろい」と感じるのは人それぞれ違います。

TikTokユーザー全員におもしろいと思ってもらう動画を作るというのは難しいですが、それが分かる方法が1つあります。
それは、自分の動画の中で、再生回数や評価の高い動画を見ることです

再生回数や評価の高い動画というのは、ユーザー全員とはいかずとも、多くの人が「おもしろい」と感じた動画になります

上記の画像は筆者が運用していたTikTokアカウントの視聴回数の確認画面になります。

画像内の右下、赤色のマークは「金で物言わせるやつ」という動画は1.8M=180万回再生されました。このことから、画像の中の動画では1番視聴回数が多い動画ということがわかります。つまり、この画像から視聴者が「おもしろい」と感じた動画は「金で物言わせるやつ」というのがデータから読み取れるというわけです

TikTokユーザーに寄り添い、人気の動画を作っていくことでおもしろいと思ってもらえる動画を量産することができます

まだ自分の動画が少ない方は、自分がおもしろいと思う動画やおもしろいと思ってもらえそうな動画を投稿していき、その中で再生回数や評価の高い動画を分析し、人気コンテンツは自分のアカウントではどれなのかを把握していきましょう。

企業や企業案件の動画の場合、目的として商品やサービスをPRしていくことが基本です。しかし、いかにも広告という感じの動画はTikTokではウケません。
評価される動画を作るには、全く新しい動画でPRするのも再生回数や評価が得られるのであれば全く問題ないのですが、自分のアカウントの中での人気コンテンツの動画に織り交ぜていくと、評価が得られやすいです

なぜなら、既に人気のコンテンツなのでPR動画だとしても、そのコンテンツのファンは存在しているため、比較的評価が得られやすくなります

このように、自分の動画の中でどれが人気コンテンツなのか、自分の動画を振り返ってみましょう。そして、ターゲット層や性別、年齢なども考慮し、コンテンツを練り上げていけばおもしろいと思ってもらえる動画が制作できます。

コンテンツが定期的に投稿されているアカウント

コンテンツが定期的に投稿されているかというのも非常に重要なポイントとなります。

なぜなら、全く動画が上がっていないアカウントだと、「別にわざわざフォローして動画を見なくてもいいか」と感じられてしまい、今後もこのアカウントのコンテンツを追っていきたいと思われないからです。

なので、TikTokでフォロワーを増やすためには、定期的に動画を投稿していきましょう。積極的に投稿していかなければ、フォロワーは増えないです

定期的に投稿していれば、「次の動画も見たい」「動画を見逃さないようにしないと」という心理になります。

筆者も毎日投稿していたり、最低でも2日に1回のペースで投稿しておりました。
やはり、動画の伸びやフォロワーの伸びは経験上、毎日投稿の方がはるかに伸びます
なので、毎日投稿が理想的です。毎日投稿を行うとこの効果が最大限に発揮され、フォロワーの伸びも格段に上がるからです。

毎日投稿が行えない人は、できれば2日に1回のペースで投稿を行いましょう。来る限りTikTokに時間を割き、コンテンツを作成していくことをおすすめします

次の動画も見たいと感じたとき

「次の動画も見たい」とTikTokユーザーに感じてもらうことも非常に重要なポイントになります。

次の動画を見たいと感じてもらうことができれば「動画を見逃さないようにしなければ」「次の動画も楽しみ」と思ってもらうことができ、フォローしてもらえる可能性が高まります。

では、次の動画も見たいと感じてもらうためにはどういった施策を打つか。

例えば 
・part1、part2に動画を分ける
・次回予告を動画に付ける
・厳選したシーンのみを公開する


こちらで例に上げたものは一部になります。これだけではないので別のやり方が出来そうだと感じたらそちらで試してみてください。

この例で言うならば、part1、part2に動画を分けると、例えばユーザーがpart1から動画を視聴し、この動画に興味を抱けば、part2の動画が気になります。そしてまだpart2の動画が上がっていなければ、続きが気になり、動画を見逃さまいとフォローをして待機してくれる可能性が高まるというわけです。

@kahikaze 東京リベンジャーズゲームが盛り上がりすぎたwwwwwww#カヒカゼ#カヒカゼしか勝たん #東京リベンジャーズ ♬ オリジナル楽曲 – カヒカゼ【KAHIKAZE】

上記の動画は、筆者が運用していたTikTokアカウントでの動画になります。

こちらの動画は、YouTubeでの動画の厳選したシーンを切り取ってTikTokに投稿したものになります。

TikTokでは、その他SNSに勧誘ばかり行う動画はNGですが、YouTubeへ誘うような文面がなく、こちらの動画はただ一部を切り抜いて投稿することによって、この動画をおもしろいと感じてもらうことができ、YouTubeへの流入とTikTokだけの動画を見たいという方に、またこの動画の他の部分や別のYouTubeの切り取りの動画を見たいと思ってもらえることになります。

その他の例でも、全てにおいて共通する点は、コンテンツの期待感です。
このコンテンツの期待感をTikTokユーザーにどれほど抱かせるかというのが重要なポイントとなります。

これらのようなコンテンツの期待感は抱かせれば抱かせるほど良いのでフォロワーを増やすためのコンテンツ作りとしてこちらを意識して、コンテンツを作成していきましょう。

TikTokでフォロワーを増やすコツ

前章でお伝えした内容は、TikTokユーザーがどういう心理でフォローを行っているかを解説いたしました。

この章では、前章の内容を踏まえた上で、TikTokユーザーがフォローをしたくなるような心理を抱かせるためのおすすめのコツを解説していきます。

4つのポイント

・コンテンツのターゲットを明確にする
・おすすめに表示させる
・人気コンテンツを作成する
・定期的にコンテンツを投稿する

 

コンテンツのターゲットを明確にする

TikTokのユーザーがフォローをする基準として、それは自分に何かしらのメリットがあるかどうかです。つまり自分にとって有益な情報を得られるなら、コンテンツの見逃し防止のためにフォローをするということになります。

ターゲットを明確にしなければ、誰にも刺さらない動画になってしまうので、しっかりとターゲットを明確にしてコンテンツを投稿しましょう。

例えば、「男子高校生あるある」というジャンルの動画を作成したとします。

この動画であれば男子高校生に刺さる動画であり、彼らに共感してもらうことが出来ます。
「若い男性」という幅広いターゲット選定をするのではなく、「男子高校生」「男子大学生」「社会人1年目の男性」など範囲を狭めて行うとより効果が発揮され、コンバージョン率も上がる傾向にあります。

 

なので、大きなカテゴリーではなく、より細分化したターゲットを想定してコンテンツを作成していきましょう

筆者の場合、10代後半〜20代前半の女性の方をターゲットにし、ターゲットにした層が求めているもの、刺さるものを意識し動画を投稿しておりました。

おすすめに表示させる

TikTokで一番インプレッションが大きくなるのは、おすすめ欄に表示される事になります。おすすめ欄とは、TikTokのアルゴリズムがユーザーごとに好みの系統の動画を表示する機能になります。公式の発表ではありませんが、次の2つが重要なポイントになります。

・(再生回数に対する)いいね率+コメント率+シェア率
・再生回数×再生維持率


TikTokの運営は上記の2つのポイントを数値化し、良いコンテンツなのかどうかというのを判断しています。

それぞれのポイントについて簡単に解説していきます。

「再生回数に対する(いいね+コメント+シェア)率」=ユーザーがコンテンツに対してどれくらい積極的に反応しているか

「再生回数×再生維持率」=ユーザーがどれだけ最後まで動画を視聴しているか

この2つのポイントを意識して、おすすめ欄に表示されるコンテンツを作成しましょう。

人気コンテンツを作成する

次に自分の投稿しているアカウントの中で、人気のコンテンツを作成する事も重要なポイントになります。

自分のアカウントで何本、何十本と動画を投稿していくと、再生回数や、評価の高い動画が見えてくると思います。

それらのユーザーからの反応が良かった動画が人気コンテンツというわけです。

この人気の動画を1回で終われせてしまうのではなく、シリーズ化して動画を作成していきましょう

@kahikaze 「初対面失礼すぎるやつ」@shuri0013 @junks513 #kahikaze #初対面 ♬ オリジナル楽曲 – カヒカゼ【KAHIKAZE】

例として、上記の動画は筆者がTikTokを始めた当初に89万回再生された「初対面失礼すぎるやつ」という動画になります

こちらの「初対面失礼すぎるやつ」という動画を投稿し、ユーザーからの反応が良かったので、1回で終わらせてしまうのではなく、シリーズ化させることでその後も何十万回再生、何百万回再生される人気コンテンツに変わったという例になります。

さらにこの人気コンテンツを複数作るというのも意識していきましょう。

例えば、Aという人気コンテンツとBという人気コンテンツがあるとします。

全ユーザーの好みに寄り添うのは難しいですが、仮に一部のユーザーが自分のアカウントを見つけてくれたときに、Aという人気コンテンツがあまりその人の好みではなくても、Bという人気コンテンツがその人の好きな動画の場合があります。

つまり、自分のアカウントに人気コンテンツが無かった場合や、Aという人気コンテンツしか無かった場合に比べると、その分多くのTikTokユーザーがフォローしてくれる可能性が高まるのです。

実際に筆者も人気コンテンツを複数生み出し、上記でも紹介した「初対面失礼すぎるやつ」の他に「金で物言わせるやつ」「ナンパの癖強いやつ」「常識ないやつ」

「友達の友達が凄すぎやつ」のような複数の人気コンテンツを作成しておりました。

コメント欄を見ても「初対面失礼すぎるやつ」が好きな人、「金で物言わせるやつ」が好きな人が分かります。

このように複数の人気コンテンツが存在すると、自分の好きな人気コンテンツを見たいためにフォローをしてくれるなど、新規のユーザーを獲得することも実際に起こるというわけです。

動画を投稿していく中で、評価の高かったものをシリーズ化し、自分のアカウントでの人気コンテンツを生み出し、さらに複数の人気コンテンツを生み出す事ができればより多くのTikTokユーザーがフォローをしてくれるようになるということになります。

定期的にコンテンツを投稿する

定期的にコンテンツを投稿するのも重要なポイントになります。

プロフィール欄に投稿頻度や時間などを記載しておくと、TikTokユーザーがいつ見ればいいのか分かるので便利になります。

投稿時間を統一すると、前回反応してくれたユーザーに再び視聴してもらえる確率が上がり、まだフォローをしていない人もフォローをしてくれる機会が増えていきます

定期的にコンテンツを投稿すると、人気コンテンツの作成にも大きく関わってきます。
投稿頻度が少ない場合と比べると、定期的にコンテンツを投稿していく方が、TikTokユーザーから評価の高い、人気コンテンツが生み出せる確率が上がってきます

多くの動画を作成し、人気コンテンツを生み出すために、このような分析を行うためにも、さなざまなコンテンツを発信していて結果を見ていくことが重要になります。

筆者の場合、投稿時間を20時に統一しており、投稿頻度を毎日投稿、再生でも2日に1回のペースで投稿しておりました。

経験上、実際に投稿時間の統一、投稿頻度を上げた方が人気コンテンツを生み出せる確率が上がるので、もし行っていない方は行いましょう

まとめ

今回は、TikTokでのフォロワーの増やし方について解説していきました。

TikTokでフォロワーを増やすことは簡単ではありませんが増やすコツはたくさんあります。ターゲティングをしっかり行い、動画をおすすめ表示させ、TikTokユーザーがフォローをするときの心理状態をしっかり踏まえ、TikTokユーザーに寄り添い、フォローをしたくなるようなコンテンツ制作を行いましょう。

そして、バズるためのコンテンツ制作では、動画でのギャップや投稿時間、投稿頻度を意識し、TikTokユーザーが見たくなるような、そしていいねやコメントやシェアをしたくなるコンテンツ作りを考え一番はユーザー目線に立ち、ユーザーに寄り添ったコンテンツ制作を意識していきましょう

▽TikTokでバズる方法を知りたい人は下の記事へ

【完全版】TikTokでバズる方法!実際にフォロワーを0→14万人にしたおすすめの運用方法を解説!

おすすめの記事

category

Return Top