セスグモのマーケティングノウハウ集

Facebookビジネスパートナー

【成約に繋がる】プッシュ型のSNS広告まとめ|Facebook広告、Twitter広告、LINE広告の特徴

【成約に繋がる】プッシュ型のSNS広告まとめ|Facebook広告、Twitter広告、LINE広告の特徴

マーケティング手法は大きく分けて、「プル型」と「プッシュ型」の2種類あります。

どちらにもメリットとデメリットがあり、一つに絞らずに、両者を上手く使い分けるのが理想的です。

多くの企業や組織ではPPC広告やSEO対策を中心に集客を行っているケースが多く見られます。

PPC広告やSEO対策の効果を最大限に高めるには、「SNS広告」を取り入れる手法がおすすめです。

この記事では、FacebookやTwitterなど、SNSを取り入れた「SNS広告」の必要性について解説します。

PPC広告・SEOなどのPULL型集客について

従来のウェブマーケティングといえば、「プル型マーケティング」が主流でした。

「プル型マーケティング」とは顧客を「プル(Pull)」つまり「引く」ように仕掛けた手法です。

企業のWeb担当者・マーケティング担当者は集客のためにPPC広告・SEO対策に最も力を入れました。

顧客の方から自社の商品・サービスの情報を見てもらう仕組みがある広告です。

プル型マーケティングの種類

「プル型マーケティング」には、

自社ホームページ、SEO対策、ブログ、オウンドメディア、リスティング広告、バナー広告などが挙げられます。

インターネットの普及に伴い、様々な広告の種類が誕生しました。

「プル型マーケティング」の共通点は、どれも顧客側からアプローチしてくれる手法であることです。

自社の商品・サービスに興味や関心がある人を集めることができるため、幅広く活用されています。

「PPC広告」は「Pay Per Click(ペイ・パー・クリック)」の略であり、クリック課金型の広告です。

広告をクリックされるごとに広告費が課金されるので、クリックされなければ広告費はかかりません。

企業のウェブ担当者はクリックの回数の分析をしながら取り入れると、コストをかけずに売上アップに繋がります。

また、多くの企業が採用している「リスティング広告」はメディアに広告を掲載する際に、

掲載するスペースを使用することに対して広告費を支払います。

「リスティング広告」は広告の掲載期間が決まっており、一定の掲載料金を支払う形の広告です。

「リスティング広告」は「PPC広告」とは異なり、効果がある・なしに関わらず料金が発生します。

プル型マーケティングのメリット

「プル型マーケティング」が集客手法として人気が広がった理由は、広告費の安さが挙げられます。

「PPC広告」は、パソコンとネット環境があれば簡単に始めることができ、

初期費用が安いことがメリットです。

雑誌や地域情報誌などの紙媒体に広告を出す場合は、ユーザーからの反応がなくても料金が発生します。

「PPC広告」の場合は、クリック課金型の広告のため、費用対効果(ROAS)が高いのがメリット。

ユーザーがクリックしたときにだけ広告費が発生し、効果が出た分の広告に対して支払います。

つまり、商品・サービスに興味を持ってくれた人を対象に、無駄なく広告を出せるのがメリットです。

PPC広告は規定に沿っていれば、いつでも自由に広告を変更できる柔軟性もあります。

プル型マーケティングのデメリット

「プル型マーケティング」はターゲットを狙った低コストの手法として人気があります。

しかし、広告の効果が現れるまでに時間がかかるのがデメリットといえます。

キーワード検索結果の上位表示を狙うSEO対策(検索エンジン最適化)も

効果が現れるまでに時間がかかります。

すぐに集客したい時には「プル型マーケティング」の手法に頼るだけでは厳しいといえるでしょう。

また、近年のインターネット利用者の急増に伴い、クリック単価が高くなっている点もネックです。

ユーザーのクリック数を増やすためには、単価を高く設定する必要があります。

コストを高くしても必ず売上に繋がる保証はなく、広告費用だけが増えてしまう可能性があります。

企業のウェブ担当者は、広告に対してのユーザーの反響や数値を可視化することが大切です。

SNS広告などPUSH型集客について

企業・組織が自社ホームページを作成して、オウンドメディアを運営して集客をすることは有効です。

しかし、先程も述べたように「プル型マーケティング」は即効性を求める集客には不向きです。

どんなに優秀なSEO対策を取り入れても効果が現れるまでに時間がかかってしまうからです。

そこで取り入れたいのが、SNS広告などを活用した「プッシュ型マーケティング」です。

「プッシュ型マーケティング」は売り手の方から顧客へ「プッシュ(Push)」、「押す」手法です。

従来の「プッシュ型マーケティング」にはテレビCM、新聞、折り込みチラシなどが挙げられます。

一度に多くの人に知ってもらえるため、認知度アップには最適です。

即効性はありますが、広告費が高いため、気軽に始められる手法ではありません。

そこでFacebookやTwitterなどのSNSを通じて「プッシュ型マーケティング」をする手法が登場しました。

一方的に情報を発信するだけで不特定多数の人にアプローチできます。

「プッシュ型マーケティング」は商品・サービスの認知度アップやブランディングに効果を発揮するのです。

また、セール企画など即効性を求める広告を出したい時にも最適な手法です。

SNS広告の種類

PPC広告やSEO対策の効果を高めるためにも「プッシュ型マーケティング」を取り入れる価値があります。

SNSは一人ひとりがアカウントを所有しており、ユーザーの特徴や志向が掴みやすいのがメリット。

SNS広告には主に以下の種類があります。

● Facebook広告
● Instagram広告
● Twitter広告
● LINE広告

SNS広告はそれぞれ特徴が異なるため、自社の商品・サービスに合う媒体を選ぶことが大切です。

次に、SNS広告では正確なターゲティングと広告メニューを決めていきます。

効果測定や検証改善を行い、ユーザーの興味関心の度合いの高さや顕在層・潜在層などもチェックしましょう。

SNS広告を通じて見込み客のメールアドレスのリストの獲得をすれば、長期に渡り役立ちます。

Facebook広告

Facebook広告の特徴

● 実名登録による情報の正確さ
● 精度の高いターゲティングができる
● 細かな条件設定ができる
● ビジネスとの相性が良い
● 出稿最低費用100円〜

Facebook広告はアプローチしたいターゲットの明確さを活かした集客が可能です。

ターゲットは性別、年代、趣味・嗜好など、詳細の条件を設定しましょう。

セミナーの集客、情報商材、オンライン講座のリスト獲得に向いている手法です。

既存顧客のデータを取得し、傾向が似ているユーザーに広告を配信する「類似オーディエンス」は効果を発揮します。

Facebook広告でも最も反応が高い広告の一つなので試してみる価値があるでしょう。

>>Facebook広告の公式サイト

Facebook広告のカスタムオーディエンスの種類や設定方法、使い方を知りたい方は下記の記事も合わせてご覧ください。

>>関連記事:【最新】Facebook広告のカスタムオーディエンスとは?種類や設定方法、使い方を解説

 

Twitter広告

Twitter広告の特徴

● リツイートによる2次拡散が期待できる
● キャンペーンやイベント、割引クーポンとの相性が良い
● 若年層をターゲットにできる

Twitter広告は10代から30代のユーザーが多く、若年層に一気にアプローチできる手法です。

学生や新卒、フリーターなどにイベントやキャンペーンを告知する際に役立ちます。

リツイート機能により、フォロワーのタイムラインにも投稿されて広告費を抑えられるのもメリット。

ブランド認知度アップや新商品・サービスの告知にも活用できます。

>>Twitter広告の公式サイト

 

圧倒的な拡散力が売り!Twitter広告の凄さを知りたい方は下記の記事も合わせてご覧ください。

>>関連記事:圧倒的な拡散力が売り!Twitter広告の凄さとは

 

LINE広告(LINE Ads Platform)

LINE広告の特徴

● 圧倒的なユーザー数
● 老若男女の幅広い層にアプローチ
● 無料の会員登録やアプリのインストールとの相性が良い

もはや国民的SNSと呼べる「LINE」を活用した広告は人気急上昇中です。

LINEタイムラインとLINEニュース内に広告を掲載したり、友だちから類似配信する機能もあります。

>>LINE広告の公式サイト

LINE広告の概要について知りたい方は下記の記事も合わせてご覧ください。

>>関連記事:LINE広告の概要について

 

 

 

まとめ

スマートフォンとタブレットの普及により、SNS広告の効果はさらに期待できる時代です。

新規顧客や商品・サービスの認知度アップのために

SNS広告を取り入れてみてはいかがでしょうか?

おすすめの記事

category

Return Top