セスグモのマーケティングノウハウ集

Facebookビジネスパートナー

【まとめ】Facebook広告の種類とその特徴を徹底解説

【まとめ】Facebook広告の種類とその特徴を徹底解説

Facebook広告の種類とそれぞれのメリット

◆画像広告
画像広告は1枚の画像のみで作成された広告になります。
最もスタンダードな広告で1番見る頻度が多いのではないでしょうか。
ちなみに画像サイズは1200×628

説明文

見出し

◆動画広告
ここ数年でFacebook以外でも成長し続けている動画ですね。
上記の画像広告と比較しますと、動きが付くため、ユーザの目に留まりやすく、
クリックがされやすい傾向があります。

また、動画の長さは45分未満にする必要がありますが(Instagramのみの場合は1分未満にする必要があります。)
動画は短い方が最後まで再生されます。個人的には6秒から15秒ほどが良いと思います。

説明文

見出し

◆カルーセル広告
カルーセル広告の最大の特徴は複数の画像(動画)、複数のURLを配信できる点です。

そのため、例えばセミナーを月に3回ほどやる際は、そのセミナーごとで簡易LPなどを作成し
3枚のクリエイティブのカルーセル広告にするのが良いのではないでしょうか。

カルーセル広告ですが、最低でも3枚のクリエイティブが必要で、最大10枚まで登録できます。
※カルーセル広告で配信されるクリエイティブは最大5枚となっており、
6枚以上登録した際は、反応の良い5枚が自動で選定されます。

説明文

見出し

Facebook広告のデザインを作成する際に知っておきたいツールは下記の記事が参考になります。
>>関連記事:Facebook広告はクリエイティブの”量”と種類で決まる!デザインの重要なポイントと便利な作成ツール紹介

Facebook広告はクリエイティブの”量”と種類で決まる!デザインの重要なポイントと便利な作成ツール紹介

 

◆スライド広告
スライド広告とは、複数の画像を連続して流し、動画のようにしたものになります。

こちらも動画同様に、動きが付くため、ユーザの目に留まりやすく、
クリックがされやすい傾向があります。

動画を用意するのが難しい場合などに
複数の画像を用意すれば配信ができるので、それが強みです。

説明文

見出し

上記の種類以外にも『コレクション広告』『キャンバス広告』という形式も存在します!
下記に簡単に説明していきます。

◆コレクション広告
読み込みが比較的速く、さまざまな製品を見せたりすることができます。
そのため、コレクション広告は、Eコマース系にとって最適なフォーマットになります。

◆キャンバス広告
画像や動画、カルーセルなど様々な種類の広告を組み合わせることができ
簡易LPみたいなものを作成することができます。

ですので、LPを作成する費用や時間がない方にとっては、最適なフォーマットになります。
また、Facebook内で完結しているため、Facebook外のサイトへ飛ぶことがなく、読み込み時間が非常に早いのが特徴です。

 

おすすめの記事

category

Return Top