セスグモのマーケティングノウハウ集

Facebookビジネスパートナー

【2022年最新】TikTok広告の種類と特徴、一覧まとめ

【2022年最新】TikTok広告の種類と特徴、一覧まとめ

TikTokは、全世界の10代〜20代の若い世代を中心に人気を集めているショートムービー作成アプリです。

TikTok|App Store

画像出典:TikTok|App Store

他のSNS広告に比べ、TikTok広告は視聴者の生活に与える影響が大きいSNSです。

そのため、若年層向けの商材を扱っている企業様はマーケティングに活用するのに適しています。

しかし

TikTok広告の種類に関するよくある悩み
  • TikTok広告の種類は?
  • 一覧と特徴をまずはざっくり押さえたい!
  • 自社の商材に適している広告の種類を知りたい!

上記のように考えている広告主様が多いようです。

本記事では、2022年最新のTikTok広告の種類と特徴、一覧まとめて分かる記事になっています。

本記事は3分で読める内容です。ぜひ最後までお読みください。

【一覧】TikTok広告の種類と費用

TikTok広告の種類と費用
画像引用元:誰でも簡単にTikTok For Business(TikTok広告)で広告配信

TikTok広告の種類は主に以下の3種類があります。

TikTok広告の3フォーマット
  • インフィード広告
  • 起動画面広告
  • チャレンジ広告

TikTok広告の種類と特徴、利用目的を以下の表に一覧にしました。

種類特徴利用目的
インフィード広告
  • 視聴時間の長いオススメ投稿に表示される
  • 一般投稿と同様の形式であるため、広告だと気づかれにくい
  • ユーザーが操作しなければ広告を見てもらえない
  • 「いいね」や「コメント」などの反応が得られる
  • ブランド認知
  • 購買意向
  • コンバージョン
起動画面広告
  • 全てのTikTokユーザーが画面起動時に表示される広告
  • 多くのユーザーに見てもらいやすい
  • 1日につき1社のみの配信になるため、高額で枠の確保が難しい
  • ブランド認知
  • 購買意向
チャレンジ広告
  • ユーザー参加型の広告であるため、自然拡散(バズ)が見込まれる
  • テーマとなる#(ハッシュタグ)を決め、#にマッチした動画をユーザーに作成、投稿してもらう
  • ブランド認知
  • ファン獲得

各広告の料金一覧は以下の通りです。

種類料金の目安課金タイプ
インフィード広告
  • 費用の相場は50万円前後で60万インプレッションの獲得が可能
  • Brand Plemium(42万円〜)
  • OneDayMax(300万円〜)
  • Top View(625万円〜)
  • 期間契約型
起動画面広告
  • 770円/1,000 インプレッション〜
  • 1日1社のみ配信可能
  • 想定費用は500万円ほど
  • インプレッション課金型
チャレンジ広告①スタンダードチャレンジ1500万

②ハッシュタグチャレンジプラス1700万円

③バトルハッシュタグチャレンジ2000万円

④ベーシックハッシュタグチャレンジ1000万円

  • 期間契約型

TikTok広告の費用や料金の相場については

『【2022年最新】TikTok広告の料金と費用の相場、課金方式は?』の記事で詳しく解説しています。

【2022年最新】TikTok広告の料金と費用の相場、課金方式は?

以下の章からは、それぞれの広告の種類と特徴を詳しく解説していきます。

インフィード広告とは

インフィード広告とは、通常の投稿と投稿との間に表示される広告になります。

広告の長さは、通常の投稿変わらない5〜60秒の間プロモーションできます。

公式がオススメする動画の尺は9秒〜15秒です。

インフィード広告の特徴

インフィード広告の特徴として、宣伝感がなくコンテンツとして自然にプロモーションできます。

DIESELが運用型インフィード広告「Brand Auction」を活用、購買意向のアップリフトが+300%超!

※引用元:DIESELが運用型インフィード広告「Brand Auction」を活用、購買意向のアップリフトが+300%超!

活用目的
  • ブランド認知
  • 購買意向
  • コンバージョン
特徴
  • 視聴時間の長いオススメ投稿に表示される
  • ユーザーが操作しなければ広告を見てもらえない
ターゲット
  • オススメ投稿を閲覧するユーザー

インフィード広告の費用・料金

種類特徴料金の相場
Top Viewアプリ起動時に15秒間の表示

クリック率が高い

625万円
Brand Plemiumオススメ80番目以内に表示される

LPやアプリへの誘導に適している

42万円
OneDayMax最大60秒間フィード4投稿目に表示300万円

42万円(グロス:広告原価)から広告を出稿することができます。

広告費の相場は50万円ほどです。

インフィード広告の事例:広告出稿のリピート率58%!(アルフォート)

広告出稿のリピート率58%!満足度の高いパフォーマンスを誇る「TopView」広告

出典:TikTok  For Business

インフィード広告の成功事例は、「アルフォート」のお菓子を販売しているブルボンです。

インフィード広告の中でも「TopView」は、TikTokで1日あたりの最大リーチと圧倒的なブランディングを誇る1日1社限定の動画広告メニューになります。

TikTok広告配信の成果は、幅広い業界の広告主から満足度が高かったため、広告出稿のリピート率が58%とという高い数値になっています。(2020年3月)

高いパフォーマンスを発揮できた要因の1つとして、縦型全画面広告が挙げられます。

TikTok For Businessが実施したクリエイティブリサーチによると、広告認知率、購入・利用意向ともに横型画面広告よりも縦型画面広告のほうがより効果が高いという結果が出ています。

TikTok For Business初のクリエイティブリサーチ 高い広告効果を生む、4つの法則とは!?
画像出典|TikTok For Business初のクリエイティブリサーチ

ブランドの世界観を崩すことがない縦型動画素材によって広告出稿のリピート率58%を実現させたインフィード広告のTop Viwにおけるブルボンの事例でした。

起動画面広告とは

起動画面広告とは、TikTokを起動した際に表示される広告です。

広告のフォーマットは、画像・GIF画像・GIFアニメーションの3種類になります。

広告の長さは、画像は3秒、GIFは3〜5秒間で表示可能です。

起動画面広告の特徴

起動型広告の特徴として、アプリの起動時に表示されるため、多くの人に認知してもらいやすいです。

広告にリンクを設置することでLPやアプリへ誘導できます。

主に、キャンペーンの告知などに向いて適しています。

種類特徴利用目的
起動画面広告
  • 全てのTikTokユーザーが画面起動時に表示される広告
  • 多くのユーザーに見てもらいやすい
  • 1日につき1社のみの配信になるため、高額で枠の確保が難しい
  • ブランド認知
  • 購買意向

起動画面広告の費用・料金

費用形態広告の表示回数で課金(インプレッション型課金)
契約単位1日
費用770円/1000imp
想定費用500万円程度

ユーザーに1,000回広告が表示されるごとに770円広告費が発生するインプレッション課金形式をとっています。

1日1回1社しか広告を表示できないため、想定費用は500万円程度となっており、インフィード広告の10倍が相場になっています。

起動型広告の事例:美容感度が高い男性ユーザーへリーチ(メンズスキンケアブランド バルクオム)

起動型広告の事例:美容感度が高い男性ユーザーへリーチ(メンズスキンケアブランド バルクオム)

TopView・起動型広告の成功事例として、メンズスキンケアブランドを取り扱う株式会社バルクオムがあります。

新規顧客獲得を目的としてTikTok風の広告クリエイティブを作成し、配信しました。

「TikTok For  Business」を活用したことでクリエイティブのPDCAを上手く回すことができたようです。

美容に対して意識が高い男性ユーザーがTikTokを利用しており、TikTok広告が美容商材と相性が良かったことが成功要因です。

ハッシュタグチャレンジ広告

ハッシュタグチャレンジ広告とは、TikTok内でハッシュタグ(#)を設定し、そのハッシュタグをつけた動画を作成したり、投稿を促すキャンペーン広告です。

ハッシュタグチャレンジ広告の特徴

ユーザー参加型のキャンペーン広告であるため、高いエンゲージメントの獲得が見込まれます。

そのため、TikTokの優位性であるトレンドやバズを起こせる可能性があり、ユーザーが自然と拡散してくれる一方、デメリットとしては、TikTok広告の中でもコストが高いです。

種類特徴利用目的
チャレンジ広告
  • ユーザー参加型の広告であるため、自然拡散(バズ)が見込まれる
  • テーマとなる#(ハッシュタグ)を決め、#にマッチした動画をユーザーに作成、投稿してもらう
  • ブランド認知
  • ファン獲得

ハッシュタグチャレンジ広告の費用・料金

費用形態期間契約型
契約単位2ヶ月
費用種類:①スタンダードチャレンジ1500万円

種類:②ハッシュタグチャレンジプラス1700万円

種類:③バトルハッシュタグチャレンジ2000万円

種類:④ベーシックハッシュタグチャレンジ1000万

想定費用500万円程度

想定費用としては、最低500万円は準備しておきたいところです。

それぞれハッシュタグチャレンジ広告の種類によってインプレッション数や掲載期間が異なります。

ハッシュタグチャレンジ広告の事例:「#手洗いチャレンジ」(ミューズ) TikTok広告の成功事例3選 この章では、TikTok広告の成功事例を3社に厳選してご紹介します。 「#手洗いチャレンジ」(ミューズ)「#手洗いチャレンジ」(ミューズ)

出典:手洗いチャレンジ|TikTok

ハッシュタグチャレンジ広告の成功事例として、、株式会社ミューズが行なったハッシュタグチャレンジである「#手洗いチャレンジ」があります。

広告配信の目的は、ブランディング商品の認知拡大もありましたが、社会の情勢にマッチしたキャンペーンを行うことで正しい手洗いの方法をユーザーに知ってもらいたい意向がありました。

広告配信の結果、インフルエンサーも多数参加したこともあり、キャンペーンが話題になりました。

【TikTok広告の始め方】4ステップの手順

配信開始するまでの4ステップの流れは以下の通りです。

TikTok広告を配信する4ステップ

①アカウント開設する
②動画設定
③広告設定
④広告の審査
TikTok広告の投稿開始

TikTok広告【始め方4ステップ】手順と流れ 配信開始するまでの4ステップは以下の通りです。 TikTok広告を配信する4ステップ ①アカウント開設する ②動画設定 ③広告設定 ④広告の審査 TikTok広告の投稿開始

画像出典:TikTok For Business

詳しいTikTok広告を始める手順は

【TikTok広告の始め方】アカウント開設〜出稿する方法と手順』の記事で詳しく解説しています。

https://marketing.cessgumo.co.jp/?p=7263&preview=true

広告の審査

最後に広告の審査があります。

審査が通過されれば、24時間以内に広告が配信可能です。

TikTok広告の審査に通らない方は
【3分で解決】Tiktok広告の審査落ちの原因と対処法』の記事が参考になります。

【3分で解決】Tiktok広告の審査落ちの原因と対処法

TikTok広告の投稿開始

上記の手順でTikTok広告を出稿できない方は代理店に依頼することも検討しましょう。

広告代理店おすすめ5選は

【2022年最新】TikTok広告代理店おすすめ5選!代理店を比較する際のポイントまで徹底解説!』の記事で詳しく解説しています。

https://marketing.cessgumo.co.jp/?p=7277&preview=true

【まとめ】2022年最新TikTok広告の種類と特徴、一覧まとめ

【2022年最新】TikTok広告の種類と特徴、一覧まとめ

この章では、本記事の要約を記載して振り返ります。

文字は全てリンクになっているので、不明な点はリンクで押して知識の復習にご活用ください。

いかがでしたでしょうか?

本記事では、2022年最新のTikTok広告の種類と特徴、一覧まとめてご理解頂けたと思います。

TikTokアプリのダウンロード数は全世界で10億を突破しました。

そのため、世界ではTikTok広告をマーケティングに取り入れ、売上をあげている事例が増え始めています。

まだ、TikTok広告を試したことが無い方は、本記事の内容を実践すれば明日には配信が可能です。

一方、TikTok広告は、出稿する際のキャンセル規定と途中解約ができないため、不安もあると思います。

その際は、弊社でも出稿から運用までマルっとサポートしているため、一度無料相談へご連絡ください。

本記事があなたのお役に立てれば幸いです。

おすすめの記事

category

Return Top