セスグモのマーケティングノウハウ集

Facebookビジネスパートナー

【2022年最新版】Instagramのアルゴリズムを3分でどこよりも分かりやすく徹底解説!

【2022年最新版】Instagramのアルゴリズムを3分でどこよりも分かりやすく徹底解説!

本記事はたった3分で読めます。

現在この記事を読まれている方は、下記のような悩みを抱えているのではないでしょうか?

「インスタグラムのアルゴリズムって何?」

「インスタグラムのアルゴリズムで重要なのは?」

「インスタグラムを伸ばすにはどうしたらいい?」

 

本記事は、こういった悩みを抱えている方に向けて書いています。

本記事を読んでいただければ、インスタグラムのアルゴリズムとは、アルゴリズムに使われているシグナルとは、インスタグラム運用の注意点について理解することができます。

逆にこの記事を読まなけば、インスタグラム運用において非常に重要なことを見過ごしてしまうことになります

しっかりとアルゴリズムに沿った投稿をすることでフォロワー以外にもリーチすることが可能です。

では早速、インスタグラムのアルゴリズムについて解説させていただきます。

Instagramのアルゴリズム

インスタグラムのアルゴリズムについて理解しておくことはインスタグラムを運用するにあたって非常に重要なことになります。

本章では、インスタグラムのアルゴリズムはどのような仕組みなのかについて下記の4つを解説させていただきます。

Instagram公式サイトへアクセスする

 

 Instagramのアルゴリズムについて

・Instagramのアルゴリズムとは?

・アルゴリズムに使われるシグナル(指標)とは?

・フィード、ストーリーズのアルゴリズム

・発見タブ、リールのアルゴリズム

 

Instagramのアルゴリズムとは?

Instagramのアルゴリズムとは、システムがユーザーににどんな投稿を表示させるか判断する仕組みのことです

Instagramは高度なAIを用いて、ユーザーの好みの投稿を自動的に表示しています。

例えば、「発見タブ(虫眼鏡マーク)」だと分かりやすいかと思います。

発見タブでは、ユーザーの一人一人に異なる画像や動画が表示されています。

発見タブに表示されている画像や動画は、見ているユーザーが気に入ってくれそうなものを優先的に表示しています。

アルゴリズムに使われるシグナル(指標)とは?

Instagramのアルゴリズムでは、下記の2つのシグナルと呼ばれるものが使われています。

・Interest =関心度

・Relationship =親密度

このシグナルが高い投稿ほど、フォロワー外にリーチされやすくなります。

Interest=関心度

ユーザーごとに過去どのようなコンテンツに対して「いいね」や「コメント」や「保存」を行っているかという興味関心を測っている仕組みです。

このコンテンツへの反応が良いものほど「Interest」のスコアが高まります。

Relationship =親密度

ユーザーとアカウントとの繋がりの深さを指しています。

アカウントのプロフィールへのアクセス数や投稿へのリアクション、コンテンツをどのくらい閲覧しているかを計算している仕組みです。

フィード、ストーリーズのアルゴリズム

ストーリーズでは、関心が高いほど、左側に表示されます

フィードでは、関心が高いほど、上部に表示されます。

上記のように、フィードやストーリーズの投稿は時系列順ではありません。

ユーザーが最も関心のあると思われるコンテンツが表示されています。

フィードやストーリーズでは、「いいね」や「コメント」などのコミュニケーション目的のシグナルが重視されていると考えられます。

発見タブ、リールのアルゴリズム

発見タブやリールでは、過去に「いいね」や「コメント」や「保存」をしたアカウントと類似したアカウントの投稿が優先的に表示されます

発見タブやリールは、自身がフォローしていないユーザーのコンテンツで構成されており、新しいユーザーと接点を持てる場所であるため、リーチやフォロワーを増やすことができ拡散力が高まります。

発見タブやリールでは、多くの反応を集められるコンテンツにできれば、フォロワー数が少ないアカウントでもフォロワー外のユーザーにリーチすることが可能です。

Instagram運用で重要な3つのこと

インスタグラム運用を行う上で、アルゴリズムを理解して運用していくことは非常に重要になります

本章では、アルゴリズムに好かれるためのインスタグラム運用で重要な下記の3つのポイントを解説させていただきます。

 

 Instagram運用で重要な3つのこと

・コメントに反応する

・投稿頻度

・アクションを促す

 

コメントに反応する

フォロワーから投稿へのコメントが来たら返信しましょう

コメントの方が望ましいですが「いいね」するだけでも親密度が上がります。

コメントをもらうだけだと一方向のシグナルになりますが、反応することで双方向のシグナルと認識され親密度が高い関係と判断されます。

投稿頻度

少なくとも2〜3日に1回程度投稿しましょう

定期的に投稿することで投稿の鮮度を保つことができます。

また、インスタグラムのアイコンやプロフィールを整え、投稿内容の世界観を統一させましょう

世界観を統一しているアカウントは、どんな内容を発信しているのかが明確になり関心度の高いユーザーを集めることができます。

アクションを促す

投稿のテキストや画像でアクションを促しましょう

「保存してブックマーク」「タグ付け投稿してね!」などのユーザーの行動を促す表現を入れていきましょう。

Instagram運用の注意点

インスタグラムの運用を行うにあたって注意すべきポイントがあります。

本章では、下記の3つのインスタグラム運用の注意点について解説させていただきます。

 

見出しタイトル

・ガイドライン違反

・信憑性

・連続投稿はしない

 

ガイドライン違反

ガイドライン違反になってしまうと投稿が削除され、最悪の場合アカウントが凍結されます

ガイドラインに違反するコンテンツは、

・センシティブなコンテンツ

・暴力的なコンテンツ

・タバコや電子タバコのコンテンツ

上記のようなコンテンツはガイドラインに違反します。

ガイドライン違反と判断されると投稿の表示順も下位になるので、必ずガイドラインに違反しないようにインスタグラムを運用していきましょう。

信憑性

不確かな情報や嘘の情報を投稿すると、表示されなくなります

信頼があるものを投稿することが重要です。

嘘や不確かな情報はインスタグラムのアルゴリズムにより表示されなくなりますので、信憑性のある確かな情報を発信することを心がけましょう。

連続投稿はしない

インスタグラムには同じユーザーの投稿を連続して表示させないというアルゴリズムがあります

短時間で連続投稿してしまうと、いくつかの投稿の表示順が下がることになります。

24時間程度は間隔をあけて投稿することをおすすめします。

【まとめ】アルゴリズムを意識して運用しよう

【2022年最新版】Instagramのアルゴリズムを3分でどこよりも分かりやすく徹底解説!

最後まで読んで下さりありがとうございます。

いかがでしたでしょうか?

本記事では、

・Instagramのアルゴリズム

・Instagram運用で重要な3つのこと

・Instagram運用の注意点

について解説させていただきました。

インスタグラムを運用する上で大切なことは、アルゴリズムを意識して運用していくことです

関心度や親密度を上げることができれば、フォロワー外へリーチすることも可能であり、新たなフォロワーの獲得に繋がります。

コメントに返信するなど、既存のフォロワーを大切にしてインスタグラムの運用を行っていきましょう。

下記の記事でインスタグラム広告のメリットや注意点などを詳しく解説しております。

インスタグラム広告の種類やメリット注意点の詳しい記事にアクセスする

本記事の内容があなたのお役に立てれば幸いです。

おすすめの記事

category

Return Top